施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

子宝・安全祈願の神社



子どもがほしい、元気で生まれてきてほしいというのは多くの夫婦の願いであると言えます。普段の生活改善や出産準備だけでなく、万全を期すために縁起をかついだり神社で祈願を行なったりすることも珍しくはありません。

子宝・安産を願う神社

子宝・安産を願う神社

子どもは天からの授かり物と言われるように、ほしいと思ったときにすぐにできるものではありません。思うようにことが運ばず落ち込むこともあるかもしれませんが、子授けのご利益があると言う神社を訪れて気分転換を図るのも良いでしょう。

関東にある神社
千葉県の「菅原大神 天満宮神社」は子授けの神社として有名です。大小約90個の「子宝石」が奉納されており、お腹に抱いてお祈りをすると子宝が授かると言ういわれがあります。子宝石は2月、11月の年2回のみ公開されています。東京・千代田区にある日枝神社も子授けにご利益があるとされています。日枝神社の神の使いは「猿」で、「えん」とも読めることから「子どもとの縁を結ぶ」神社として、広く信仰されています。
関西にある神社
京都府にある「梅宮神社」には子授けのご利益があるとされています。祈祷を受けた夫婦は本殿の隣にある「またげ石」へのお参りが許され、この石をまたぐと子宝に恵まれると言ういわれがあります。また、大阪の住吉大社の末社である「種貸社」は、かつては商売にご利益があるとされていましたが、「稲を増やして財を増やす(繁殖する)」ところから、子宝にも効果があるとされ、現在では子宝祈願のための「種貸人形」が授与されています。さらに、兵庫県にある「中山寺」は子宝・安産のご加護があるとして関西では非常に有名で、毎年多くの人が参拝に訪れています。

参拝する神社の選び方

参拝する神社の選び方

全国には多くの子宝・安産祈願のための神社があり、パワースポットとして有名な神社も数多くあります。ご利益があるところが良いというのはもちろんですが、その他にどのようにして神社を選べば良いか迷ってしまうこともあります。そういった際には、自分の住んでいるところからできるだけ近いところを選ぶのも良いでしょう。口コミで評判のスポットへ足をのばすのも良いですが、特に神社はそれぞれの土地に根づいたいわれがあるため、愛着のある土地であればお参りの際の気持ちもさらに引き締まるかもしれません。また、神社仏閣はあくまで神様や仏様に挨拶をするための神聖な場所であることを忘れずに、服装や振る舞いにも気を付けたいものです。