施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

自分自身の力で産む
「ナチュラルなお産」



これまでは出産と言えば、陣痛が「鼻からスイカ」に例えられるような、強い痛みを伴う大変な物でした。しかし、現在では医学の進歩や世界の様々なノウハウが入ってきたことで、妊婦一人ひとりが出産方法を選べる時代になったと言えます。

見直されつつある「ナチュラルなお産」

見直されつつある「ナチュラルなお産」

出産の大きなハードルとも言える「痛み」を取り除く手段として、様々な薬や麻酔が用いられてきましたが、そうした医療的な手段に頼ることなく、より自然なかたちで出産したいという女性が増えています。そのため、新たに考案される出産方法も医療行為や機械に頼りすぎず、女性本来の出産する力を引き出すナチュラルなお産が見直されるようになりました。

ソフロロジー

ソフロロジー

ラマーズ法に似た考え方で、産婦の心を落ち着かせることでリラックスを促し、陣痛の痛みを逃がす方法です。あぐらをかいた状態でお腹に手を添え、無理のない範囲で深呼吸をし、瞑想を行なうのが主なソフロロジーの流れですが、入念な事前学習やイメージトレーニングが欠かせません。前もって出産をしっかりとイメージし、産まれてくる赤ちゃんに想いをめぐらせることで「出産への不安や恐怖心が薄まった」と言う声も多くみられます。「子宮口が開く」「赤ちゃんが産道を通る」といったより具体的なイメージを描いて集中する「イメジェリー」と言うイメージトレーニングの方法もあります。

気功式出産

気功式出産

東洋医学の考えに基づいた出産方法で、人間が持っている「気」の力でスムーズな出産を目指します。赤ちゃんの心に語りかけ、協力しあって分娩を進めていくと言うイメージです。妊婦向けに気功を指導している教室もあり、安定期に入ってから体に負担の少ないゆるやかな運動を行なうことで、自然と出産に備えた体づくりが行なえるというメリットもあります。

アクティブ・バース

アクティブ・バース

分娩台の上で行なわれてきた出産を、産婦の自由な姿勢で行なうこともできるようになりました。座った姿勢や四つんばい、立った状態など、産婦が最も楽に出産できる姿勢を取ることでストレスをなくし、またリラックスを促します。特に助産院で多く取り入れられており、自由なスタイルを取ることで産婦自身に「自分で産みたい」と言う意志が生まれる効果も見込まれています。

水中出産

水中出産

体温程度の水温のプールに入り、そこで出産を行ないます。温水に浸かっているので温浴効果でリラックスでき、陣痛を上手に受け入れることができるメリットがあり、また赤ちゃんがスムーズに出てこられるという利点もあります。浴槽で代用することもできますが、衛生面からは専用のプールを使用することが推奨されています。一部の助産院や病院で対応してくれる方法なので、受診している病院で相談してみるのも良いでしょう。

歌うお産

歌うお産

陣痛の痛みを上手に逃がす方法が多く考案されており、「歌うお産」もそのひとつです。産婦が分娩中に歌を歌うというユニークな出産方法ですが、これには歌によって呼吸を整えることで、産婦自身がリラックスできると言う効果があります。

ルボワイエ式暴力なき出産

ルボワイエ式暴力なき出産

「どこで産むか」「どのように産むか」といった母親主体の出産だけでなく、産まれてくる赤ちゃんのことを考えた出産法です。生まれてきた時点ですでに赤ちゃんには感覚があり、自分の産まれた環境は必ず本人の心理状態に影響するという考えのもと、室内の照明や香り、音などにも気を配るよう提唱されました。このように、医学的な見解のみでなく、心理学的な立場からも出産を考えることが増えています。