施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

座位分娩



近年まで、分娩はベッドのような分娩台の上で仰向けになって行なうのが一般的でした。しかし、産婦がよりリラックスした姿勢を取ったほうが楽に出産ができるという観点から、「座位分娩」の価値が見直されています。

座位分娩とは

座位分娩とは

分娩台は内診台などと同じように、ベッドに近い形状の物が一般的です。一方、座位分娩では、リクライニングシートのような構造で、背もたれの角度も自由に変えられる専用の分娩台が用いられます。このようにして、横にならず、座ったままの体勢で行なわれる分娩を「座位分娩」と言います。

座位分娩のメリット

座位分娩のメリット

座位分娩には、一般的な分娩台での出産に比べて様々なメリットがあります。

力を入れやすく、楽なお産ができる

仰向けの状態よりも座った体勢のほうがお腹に力が入りやすく、いきむのが楽になります。また、仰向けでの出産の場合は赤ちゃんが水平方向に移動することになりますが、座位分娩では上から下へと移動するため、重力の効果を利用してより楽に出産できます。

胎盤に送られる酸素が不足しにくい

仰向けでの分娩の場合、背骨側にある血管を子宮が圧迫するため、血流が滞ることがあります。この血流量が減ってしまうと胎盤へ送られる血液も減少し、赤ちゃんが酸欠状態になってしまう危険性も増加します。座位分娩であれば血管が圧迫されることもなく、胎盤への酸素供給も十分に行なわれ、より安全なお産が可能になります。

安心感を得られる

座位分娩では、助産師など出産のサポートをしてくれる人と産婦の目線がほぼ同じ高さになります。そのため、通常の分娩台よりも安心感が大きく、リラックスして出産に集中できます。

座位分娩を選ぶ際に注意したいこと

座位分娩を選ぶ際に注意したいこと

メリットの多い座位分娩ですが、出産には少なからずリスクが伴います。また、座位分娩ならではの注意すべき点もあります。

座位分娩を行なっている医療機関を探す

助産院であれば、フリースタイルでの出産を相談することもできますが、病院での座位分娩を望む場合は分娩台の設備がある病院を探す必要があります。今後、座位分娩に対応する病院は増えていくと見込まれますが、通常の分娩台のみと言う病院もまだまだ多いため、座位分娩を考えるのであれば自分の受診している病院が座位分娩に対応しているかどうかを調べる必要があります。また、対応していない場合には新たに病院を探さなければなりません。

重力による会陰裂傷などのリスク

座位分娩は重力を効果的に利用した分娩方法です。そのため、お産が急激に進行し、その際に勢いで子宮頚管や会陰部を傷付けてしまう危険性もあります。