施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

完全な「無痛」ではない、
麻酔(無痛)分娩



「無痛分娩」は読んで字のごとく、「痛みのない分娩」と思われていますが、実際はどのようなものでしょうか。無痛分娩を選ぶ前に、改めてこの方法のメリットや段取りについて説明します。

無痛分娩はなぜ「無痛」なのか

無痛分娩はなぜ「無痛」なのか

無痛分娩では、麻酔を使用して陣痛の痛みを取り除きます。麻酔には局所麻酔と全身麻酔の2種類があり、局所麻酔は痛みを逃がすための方法で、全身麻酔は産婦が眠っている間に出産を終わらせる方法です。局所麻酔の場合は陣痛や出産の痛みがすべてなくなる訳ではありません。子宮の収縮を妨げないように慎重に麻酔液を注入し、いきみに必要な感覚としての痛みは残します。

麻酔を用いる場所とタイミング

局所麻酔による無痛分娩では、陣痛の発来から赤ちゃんの誕生まで、出産の進行に合わせて麻酔液を入れる場所や量を調整していきます。「一度麻酔を打てば終わり」ということではないのです。

硬膜外麻酔

脊髄神経を包む硬膜の外にある「硬膜外腔(こうまくがいくう)」という隙間にカテーテルを挿入し、そこから麻酔液を入れていく麻酔法です。痛みだけを取り除くことができるので、歩行や会話などの日常的な動作を妨げることはありません。陣痛が始まってから麻酔を入れたり、あらかじめ用意された出産計画に基づいて陣痛促進剤と併用したりと、医療機関によって方法は異なります。

会陰部神経麻酔

子宮口が全開になったら会陰部に麻酔をかけます。産道の付近だけに麻酔をかけるため、産婦や退治への悪影響の心配はほとんどありません。麻酔をかけると筋肉も緩むので、赤ちゃんの頭が通り抜ける際の会陰部の伸びも良くなります。また、会陰切開時や縫合時の痛みもありません。

麻酔(無痛)分娩のメリット

麻酔(無痛)分娩のメリット

痛みが苦手という人は検討してみる価値がありますが、持病などでお産が長引くのを避けたいという人にも効果的です。また、麻酔には血圧を下げる効果があるため、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などで血圧が高くなりがちな人にも良いでしょう。また、痛みを軽くしながら出産できるため産後の体力の回復も早く、赤ちゃんのお世話もすぐにできるという人が多くみられます。麻酔(無痛)分娩のメリットは、次のものもあります。

  • 痛みを和らげ、リラックスして出産に臨むことができる
  • 体力を削り過ぎない出産ができる
  • 血圧上昇を防ぐ
  • 産後の回復を早める

麻酔(無痛)分娩について、知っておきたいこと

麻酔(無痛)分娩について、知っておきたいこと

無痛分娩には多くのメリットがありますが、麻酔の使用によっていくつかのリスクが生じることもあります。ここでは、無痛分娩を選ぶ際に知っておくべきリスクについて紹介します。

鉗子や吸引が必要になるケース

麻酔によって痛みの感覚が弱まると、いきむタイミングが分かりづらくなります。また、陣痛が弱まったりして出産に時間がかかることもあります。赤ちゃんが中々出てこられない場合には、鉗子や吸引によって赤ちゃんを引っ張り出す必要も生じます。

赤ちゃんへの影響も

全身麻酔による無痛分娩を利用した場合、まれに麻酔が赤ちゃんにもかかり、眠った状態で誕生することがあります。

産後の痛み(後陣痛)を感じる人が多い

麻酔(無痛)分娩では、陣痛から出産時までの痛みを麻酔によって逃がしているため、麻酔が切れてから痛みを感じる人が多くみられます。