施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

吸引、鉗子分娩



出産の際に、子宮口が全開大まで開いているにもかかわらず、何らかの理由で赤ちゃんが出てこられない場合などには、鉗子(かんし)という医療器具や吸引器具を使って、赤ちゃんを引っ張り出すことがあります。

どんなときに吸引や鉗子が使われるのか

どんなときに吸引や鉗子が使われるのか

吸引、鉗子分娩は、なかなか赤ちゃんが産まれないという難産の場合に選ばれることがほとんどの選択肢です。具体的にどのような原因から吸引や鉗子による分娩が必要になるのかという例を挙げます。

  • 赤ちゃんが産道に入る際に回旋がうまくできず、産道を自力で通り抜けられない場合
  • 子宮頸管(赤ちゃんが産まれるときに通る子宮の出口)のやわらかさが不十分で、赤ちゃんが通れない場合
  • 麻酔分娩やその他の原因で陣痛が弱まった、または止まった場合
  • 赤ちゃんの心拍が弱くなり、仮死状態になるなど危険が予想される場合

上記の他にも、医師が必要であると判断した場合には吸引・鉗子分娩が行なわれることがあります。

吸引分娩の方法

吸引分娩の方法

金属、またはシリコンでできたカップを子宮口から見えている赤ちゃんの頭にくっ付け、カップ内を真空状態にすることで吸引します。鉗子分娩に比べて引っ張る力が穏やかなので、母子への危険も少なくて済みます。吸引分娩によって誕生した赤ちゃんは、頭にカップの跡が残りますが、赤ちゃんの頭や骨はとてもやわらかいため、数日でもとに戻ります。吸引しても赤ちゃんが出てこない場合には、母子への危険を考慮して鉗子分娩へと移行します。

鉗子分娩の方法

鉗子分娩の方法

鉗子とはハサミに似た形の器具で、ハサミでいう刃の部分が丸いヘラ状になっており、このヘラ状の部分で赤ちゃんの頭を挟んで引っ張ります。鉗子分娩は吸引分娩に比べて赤ちゃんを引っ張る力が強いため、出産が長引いてお母さんの体力の消耗が激しい場合や、赤ちゃんの状態が悪い場合など、すぐに出産を終えなければ危険と判断されたときに行なわれます。日本では吸引分娩が多く行なわれていますが、海外では鉗子分娩が主流です。

安全なお産を目指すために

安全なお産を目指すために

吸引や鉗子による分娩は、母子の健康や生命を守るために欠かせない処置であると言えます。しかし、それらに頼ることなく無事に出産を終えられるよう、普段から体力を付けておいたり、適度な運動を行なったりするなど、「赤ちゃんを産む」という大イベントに向けて体を作り、「産む力」を高めていくことが大切です。マタニティクラスで食事や運動の指導を受けるなどして、安産を目指しましょう。