施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

出産までに用意しておきたいベビーグッズ



出産後は産まれたばかりの赤ちゃんの育児や、自分の体調管理が重要です。そのため、必要な物があってもすぐに買いに行けないこともあります。前もってしっかりと準備し、余裕をもって出産に臨めるようにしておくと良いでしょう。

出産までに用意しておきたい、必須のベビーグッズ

出産までに用意しておきたい、必須のベビーグッズ

利用する産院や病院によっては、ミルクやおむつなど、ある程度のアイテムを退院時に支給してもらえるところもありますので、入院予定の医療機関で確認しておきましょう。

衣服

衣服

赤ちゃんの肌を清潔に保つためにも、こまめな着替えは必須です。体を冷やさないよう、肌着を多めに用意しておきましょう。デザイン性に富んだおしゃれなベビー服もたくさん販売されているので、コーディネイトを楽しむこともできます。赤ちゃんに会いに来てくれる友人がいるなら、ちょっとしたおめかし服も買っておけば安心です。

おむつ

おむつ

生まれたばかりの赤ちゃんには新生児用のおむつを使用します。現在では使い捨ての紙おむつが多く使われていますが、頻繁におむつ替えの必要な新生児の時期には、繰り返し洗って使うことができる布おむつも経済的です。おむつは「もしもなくなったら」という不安から、多く買い込んでしまいがちです。赤ちゃんの肌質によっては蒸れたり、肌がかぶれてしまったりすることもあるため、複数のメーカーの物を少しずつ買って試していくのが良いでしょう。

ベビーバス

ベビーバス

生まれて間もない赤ちゃんを、大人と同じお風呂に入れるのはタブーです。専用のベビーバスを使って、きれいなお湯に浸からせてあげましょう。衛生面と室温に気を付ければ、キッチンのシンクや洗面台を浴槽代わりにしても問題ありませんが、沐浴用のベビーバスを用意してみるのがおすすめです。使わないときの収納場所が気になるなら、空気を入れて膨らませるタイプのベビーバスを利用してみるのも良いでしょう。また、沐浴以外にも、暑い時期には行水用のプール代わりとして活躍してくれます。

お出かけ時に使えるアイテム

お出かけ時に使えるアイテム

ちょっとした買い物や散歩など、赤ちゃんと一緒に外出する際に必須のアイテムについて説明します。

ベビーカー

ベビーカーには「A型」と「B型」の2種類があります。日本独自の「SG基準」という規格で機能ごとに定められた型のことで、「A型」は生後1ヵ月ごろから使えるリクライニング可能な物、「B型」は首が据わり、自分で座れる赤ちゃんだけを乗せられるタイプの物で、ともに2歳ごろまで使用できます。「A型」は早い時期から使え、また安定感に優れているのが特徴です。「B型」は折りたたんだときのコンパクトさが魅力です。

抱っこ・おんぶひも

ベビーカーを使用できないような場所では赤ちゃんを抱っこすることになりますが、そのときに活躍してくれるのがスリングなどの補助アイテムです。赤ちゃんの体重を腕だけで支える必要がなくなります。そのため、体にかかる負担が減ります。また、赤ちゃん自身の体も安定します。

リーズナブルにベビーグッズを揃える方法

リーズナブルにベビーグッズを揃える方法

おむつ、ミルクといった消耗品や衣服など、いくつあっても困らない物を除いたベビーグッズは、レンタルやオークションを利用するなど、経済的に用意する方法もあります。ベビーベッドやベビーカー、ベビーラックなど、使う期間が短い物はレンタルすれば、定価で購入するよりグッとお得に揃えられます。また、ベビーグッズを卒業した子どものいる人や育児の終わった人が身近にいる場合は、使っていた物を借りたり、譲ってもらったりするという方法もあります。