施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

マタニティウェア・マタニティショーツ・
入院用パジャマ



マタニティウェアやマタニティショーツ、入院用パジャマは妊婦にとって便利な衣類です。妊娠初期から出産後まで長く使えるものが多く、授乳口が付いていたりゆったりしたデザインだったりと様々な工夫がされています。ここでは、妊婦のためのマタニティウェア・マタニティショーツ・入院用パジャマについて紹介します。

マタニティ専用の衣類

マタニティ専用の衣類

妊娠中は身体に様々な変化が起きるので、できるだけ負担をかけないようにマタニティ専用の衣類を着用することが多いです。マタニティウェアをはじめ、ショーツや入院時のパジャマなどにも専用のものがあります。これらはすべて胎児のいるおなかに負担がないよう設計されています。

マタニティウェア

マタニティウェア

マタニティウェアとは、別名マタニティドレスと呼ばれる妊婦が着用する服です。妊娠すると身体に変化がおき、特におなか部分が大きくなっていきます。授乳のためにバストも大きくなってくるため、そのような体型に適した衣類が求められます。それに加えおなかには胎児がいるので、おなかを締め付ける衣類も避けるべきです。この条件を満たした衣類として、マタニティウェアが存在しています。

妊娠しても出産前まで仕事をする女性も増えているため、様々なシチュエーションに合わせたデザインのマタニティウェアがあります。出産してからも着用できるように考慮されたものも多いです。

ワンピース
おなかを締め付けない昔からある定番の衣類です。妊婦のイラストでもワンピースを着用して描かれていることが多いです。ウエスト部分が特にゆったりと設計されており、衣類によっては布を取り外して大幅な調整ができるものもあります。マタニティ専用を着用せず、サイズの大きなワンピースを代わりとして着用する人もいます。
トップス
丈が長く、ウエスト部分がゆったりとしている衣類です。出産後も着用できるように、授乳口が付いているものもあります。ワンピースと同様、布を取り外してサイズを調整できるものもあります。
ボトムス
ウエスト部分がゴムになっている衣類です。仕事用など、見た目をできるだけ通常の衣類に見せているデザインでは、ウエスト部分以外を通常の生地やデザインにし、ウエストの前部分のみ伸縮性のある布を使用したものもあります。

マタニティショーツ

マタニティショーツ

通常のショーツとは違い、股上が深く、おなかをすっぽりと包み込むショーツです。ウエスト部分はゴムになっており、妊娠初期から臨月まで使用できるように大きめに作られています。妊娠中はおなかの皮膚が薄くなってしまうため、おなかを覆うマタニティショーツは保温効果もあります。

入院用パジャマ

入院用パジャマ

主に出産前後の入院時に着用するパジャマです。マタニティウェアのワンピースと似ており、長めの丈のパジャマとして1枚で着られます。前開きの全開タイプが多いので、看護師や医師の診察をスムーズに行なえます。ズボンを着用するタイプもありますが、着用しなくても問題はありません。足元が寒い、落ちつかないという方は、ズボンを着用しているようです。デザインによっては授乳口が付いているものもあります。