施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

産後うつについて



産後うつは、出産によるホルモンの乱れや、出産後の生活の変化などからなるうつ病です。ここでは、産後うつの症状と予防法について説明します。

産後うつとは

産後うつとは

産後うつは、出産後の母親なら、誰もがかかってしまう可能性のあるうつ病です。産後うつの症状や原因などは次の通りです。

発症時期と症状

発症時期と症状

産後うつは、出産後数週間~1ヵ月くらいの間に始まります。理由もなく気分が落ち込み、食欲がなくなり、すべてのことに自信がなくなり涙が出てしまうといった症状が挙げられます。他には、些細なことでイライラしてしまったり、何事にも集中力がなくなってしまったり、体がだるく起き上がるのがつらくなってしまう、などの症状もあります。ときには、子どもがかわいく思えなくなってしまうこともあります。2週間以上このような症状が続く場合は、産後うつ発症の可能性があります。一度発症すると、1ヵ月から長くて1年以上続く場合があります。

原因

原因

出産後は出産のために体内で準備されていたホルモンが、妊娠前の状態に急に戻ることになり、ホルモンの乱れが起こります。また、生活の中心が子どもとなり、体調の変化や睡眠不足など体もきつい状態が続きます。日中、一人で家事と育児をしている場合は、孤立を感じることもあります。産後うつの明確な原因は特定されていませんが、これらの生活の変化や生活習慣の乱れ、ストレスが原因と考えられています。

産後うつになりやすい人

産後うつになりやすい人

産後うつになりやすい人というのは、傾向があります。真面目で、完璧主義で、何事も頑張りすぎてしまう性格の人は、このような症状になりやすいと言えます。こういった性格の場合、悩みを吐き出しづらく、一人で抱え込み、無理をして頑張ってしまうためです。このように、性格面の特徴も産後うつを引き起こします。

予防法と対処法

予防法と対処法

産後うつの予防のためには、周囲の理解が必要不可欠です。特に、母親一人で育児をすることになると、気持ちが落ち込んでしまいがちです。そこで、夫が妻の様子に気を付け、妻の言葉に耳を傾け、積極的に育児に参加することも重要です。また、夫以外にも、両親や同じように育児中の友人などとも頻繁に会い、同じ悩みを共有し、吐き出すことのできる環境に身を置くことも有効です。自治体の相談窓口なども利用できます。母親自身が、周囲の頼れる相手を積極的に頼る姿勢を持ち、家事や育児についてもすべてを完璧にこなそうとするのではなく、ある程度おおらかに構えることも大切です。

万が一、産後うつを発症した場合は、病気であることを自覚して、早めに病院で適切な治療を受けることが重要です。