施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

流産について



流産とは、何らかの原因により妊娠している状態が継続できなくなることを意味します。ここでは、流産の原因と種類について説明します。

流産の原因

流産の原因

流産とは、妊娠22週未満で妊娠の継続が困難となり、その状態が停止することを言います。さらに流産の中でも、妊娠12週未満の場合を早期流産、12週から22週の場合を後期流産と言います。22週以降に妊娠の継続が停止した場合は、死産となります。流産の頻度は、すべての妊娠のおよそ15%という統計もあります。

妊娠12週以前の早期の流産の主な原因は、染色体の異常と言われています。即ち、後天的な原因からくるものではなく、偶発的に起こった先天的な原因ということになります。一方、妊娠12週以降の流産の場合は、子宮頚管無力症という症状が原因となる場合があります。これは、陣痛が起こる前に子宮頚管が開き、子宮口が開いてしまう症状のことです。

流産の種類

流産の種類

流産にはいくつかの種類があります。

切迫流産

切迫流産

切迫流産とは、完全に妊娠の継続が停止した状態ではなく、流産の危険が迫ってはいるものの、妊娠継続の可能性も残されている状態のことを言います。切迫流産では、胎児の心拍は確認できるものの、お腹の張りや出血、下腹部痛などの異常が見られる状態にあります。この場合は絶対安静とされており、仕事をしている場合も休職を勧められることがあります。予防法としては、一般に言われているように、激しい運動や過度な負荷をかけない生活を送ることです。ただし、ウォーキングなど適度な運動は出産準備のために必要と言われています。

化学的流産

化学的流産

化学的流産とは、妊娠検査薬などで妊娠が確認されたにもかかわらず、胎嚢が確認されず、月経のような症状で血液とともに受精卵が排出される状態を言います。症状はほとんどなく、気が付かない場合も多いと言われています。

稽留流産

稽留流産

稽留流産とは、胎児の死亡が確認されるものの、出血や下腹部痛といった妊婦に特出すべき症状がない状態の流産のことを言います。稽留流産は、超音波検査などで確認されます。この場合、子宮内にはまだ残存物が残っているため、子宮内容除去術といった処置が必要となります。

進行流産

進行流産

進行流産とは、出血や下腹部痛がひどく、流産が進行して妊娠の継続が不可能となった状態のことを言います。さらに、完全流産と呼ばれる状態であれば、子宮内容物が完全に体外に排出された状態であり、子宮内容除去術が必要ないとされています。不完全流産と呼ばれる状態であった場合は、子宮内にまだ残存物が残っているため、子宮内容除去術が必要ということになります。ただし、残存物が多くない場合は、投薬のみで処置を行なう場合もあります。