施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)



妊娠高血圧症候群とは、妊娠後期のむくみ、高血圧、尿タンパクについて異常が見られる症状のことを言います。かつては妊娠中毒症と呼ばれていましたが、現在は妊娠高血圧症候群という名称になっており、むくみについては症状として指摘されないことになっています。ここでは、妊娠高血圧症候群について、その原因や症状、対処方法について説明します。

妊娠高血圧症候群について

妊娠高血圧症候群について

妊娠高血圧症候群は、以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、2005年に産科婦人科学会で妊娠高血圧症候群という名称に変更されています。これと同時に、症状についてもむくみは除外されることとなっています。妊娠高血圧症候群は、早産や未熟児など、出産にかかわるリスクを高めると言われています。

妊娠高血圧症候群の主な症状

妊娠高血圧症候群の主な症状

妊娠高血圧症候群は、妊娠後期の妊婦のおよそ20人に1人にその症状が見られると言われています。症状の診断は、高血圧と尿タンパクによりなされます。いずれか一方が基準値以上であっても、妊娠高血圧症候群と診断される場合があります。

まず高血圧についてですが、妊娠中の高血圧の基準は、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上とされています。

尿タンパクについては、本来健康な状態であれば、基準値以上のタンパク質が尿に含まれることはないとされています。ただ、妊娠により腎臓の機能が低下することで、基準値以上のタンパク質が尿中に流れでてしまう状態のことを尿タンパクと言います。

妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群の原因については諸説ありますが、一般に、妊娠という体の変化に各機能がうまく対応しきれなかったために起こるとされています。

明確な原因ではありませんが、この症状になりやすい人というのはいくつか分かっています。まず、双子や三つ子など、二人以上の胎児を妊娠している多胎妊娠と呼ばれる状態の場合です。また、元々高血圧、腎臓病、糖尿病などの持病があるときや、太り過ぎの場合、過度なストレスや睡眠不足がある場合も、妊娠高血圧症候群になりやすいとされています。

治療方法について

治療方法について

妊娠高血圧症候群は、ストレスを減らした安静な生活をし、食事面でも配慮することが主な治療となります。食事面では、塩分を減らした高タンパク、低カロリー食を推奨されています。また、睡眠時間も十分に取る必要があります。症状が重い場合や、自宅で安静にすることが難しい場合は、必要に応じて投薬や入院を奨められることもあります。出産については、大きな問題がなければ自然分娩で行なうことができますが、場合によっては帝王切開となります。