施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

逆子について



出産前の胎児は通常、頭を下にした状態ですが、頭を上にした状態になることがあります。これを逆子または骨盤位と呼びます。ここでは、逆子になる経緯や対処法について説明します。

どうして逆子になる?

どうして逆子になる?

胎児は体の中で頭が最も大きく、出産の際は、頭が最初に産道を通ることで体も産道を通りやすくなり、出産がスムーズにいくと言われています。逆子は、頭が上になった状態なので、自然分娩が難しくなると言われています。28週頃の健診になると、不安定だった胎児の状態も安定してくるので、その頃の健診でまだ逆子であれば、指摘されるようになります。

原因は特定されていない! 逆子になる理由

原因は特定されていない! 逆子になる理由

逆子になる理由は、羊水の量の問題や子宮の形の問題など諸説ありますが、原因は特定されておらず、予防法もないと言えます。また、例え逆子になったとしても、出産までに頭が下に戻る場合も多いため、根気よく対処法を試すことにも意味があります。

自然分娩が可能な場合も? 逆子の種類

自然分娩が可能な場合も? 逆子の種類

逆子にはいくつかの種類があります。

単殿位と呼ばれる形は、胎児の頭が上になっていてお尻が下にある状態です。足は上に伸ばしている形のことを言います。この場合は、逆子であっても自然分娩は可能であると言われています。

複殿位と呼ばれる形は、胎児の頭が上でお尻が下にある状態、というところまでは単殿位と一緒です。ただ、両足を体育座りのように曲げた状態か、片足だけを曲げた状態のものを複殿位と言います。自然分娩は、お尻の方が足よりも下にあれば可能と言われています。

膝位と呼ばれる形は、膝が最も下にきている状態のことを言います。両膝をひざまずいた状態の場合と、片膝のみの場合とがあります。この場合は、自然分娩は難しいとされています。

足位と呼ばれる形は、足を伸ばし立ったような状態で、足が最も下にきているときのことを言います。この場合も、自然分娩は難しいとされています。

逆子の対処方法

逆子の対処方法

一般的に逆子と診断されると、逆子体操や鍼灸などで逆子の位置を直すと言われています。それでも直らない場合は、出産方法を医師と相談する必要があります。

帝王切開による出産

逆子が出産直前まで直らない場合は、帝王切開で出産を行なうこととなります。この場合、あらかじめ出産日を決めて予定帝王切開を行なうこととなります。予定日が分かっているので家族も立ち会いをしやすく、医療保険などの対象となり、保険金がおりる場合もある場合があります。また、一度帝王切開をすると、次の分娩も帝王切開になる可能性が高くなります。これは母体の状態によってケースバイケースであると言えます。