施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

精神的、身体的な負担が軽く!
里帰り出産について



里帰り出産とは、出産に際して実家に戻り、実家近くの医療機関で出産をすることです。ここでは、里帰り出産のメリットと注意点について説明します。

里帰り出産のメリット

里帰り出産にはいくつかのメリットがあります。

身体的な負担の軽減

身体的な負担の軽減

里帰り出産の場合、帰省の時期は、一般的に出産予定日の1ヵ月前ごろが適切と言われています。この頃には、すでにお腹が大きくなっており、家事をするのも一苦労です。また、何より大変なのが出産後です。体もまだ出産の疲れなどから回復していないにもかかわらず、乳児の世話や授乳で休む暇もなく、多くの母親は睡眠不足になります。里帰り出産の場合は、家族が家事、育児共に十分にサポートしてくれます。このため、夫と二人きりの生活の場合より、比較的身体的な負担が少なく済むと言えます。

精神的な負担の軽減

精神的な負担の軽減

例えば初めての出産では、妊婦は多くの場合、出産の痛みやリスク、出産後の育児など少なからず不安を抱いています。里帰り出産ならば、出産や育児の経験がある家族が心強い味方になってくれ、精神的な負担が軽減できるということもメリットのひとつです。

里帰り出産の注意点

メリットのたくさんある里帰り出産ですが、同時にデメリットも存在します。

病院選びの注意点

病院選びの注意点

本来ならば、出産までひとつの病院で妊婦健診に通院し、そのままその病院で出産することが一般的です。しかし、里帰り出産の場合は、妊婦検診で通院する病院と、実際に出産する病院が異なることがあります。

里帰り出産を予定している場合は、まず、実家近くの病院の分娩予約を早めに行なう必要があります。妊婦健診を実際に出産する病院で受けていないことで、病院が妊娠の経過を詳細に把握できないことや、出産までの短期間で信頼関係を築きにくいことは、里帰り出産のデメリットと言えます。

妊婦健康診査受診票の助成は受けられる?

妊婦健康診査受診票の助成は受けられる?

住民票がある自治体に妊娠の届出をすると、妊婦検診の検診料の助成が受けられる妊婦健康診査受診票をもらうことができます。しかし、住民票のある自治体以外で里帰り出産を行なう場合、基本的には妊婦健診も全額自己負担で受診する必要があります。ただし、使用しなかった妊婦健康診査受診票を自治体に返還して、助成金を受け取る制度があります。返還期限がある場合もあるため、事前に必ず確認が必要です。

夫と離れて暮らすことによるデメリット

夫と離れて暮らすことによるデメリット

里帰り出産の場合、2~3ヵ月の間、夫と離れて暮らすことになります。このことによるデメリットもいくつか挙げられます。第一に、夫が、仕事と家事を両立する生活に負担に感じる場合があります。第二に、立ち会い出産を希望していても、実家が遠い場合、連絡を受けてからでは出産に立ち会うことが難しくなることがあります。第三に、夫は産まれたばかりの子どもとしばらく離れて暮らすことになり、父性を実感しづらいという点があります。