施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

早産について



妊娠22週(妊娠6ヵ月)以降から37週(10ヵ月)未満で赤ちゃんが生まれることを早産と言います。一般的には妊娠22週を過ぎていれば、出産しても赤ちゃんは元気に育つと言われています。しかし、未熟な状態であるため、何らかの障害が残る可能性や病気に感染してしまう可能性なども否定できません。ここでは早産を「人工早産」と「切迫早産」に分けて説明します。

人工早産

人工早産

人工早産とは臨月(妊娠10ヵ月)を迎える前に、母体や胎児の生命にかかわる状況が生じた際に、人工的に早産させる処置のことを言います。

人工早産になるケース

重篤な妊娠高血圧症、前置胎盤、前期破水、妊娠合併症など母体に生命の危険が及んでいるときや、胎児が仮死状態になっているときなどに人為的に出産時期を早める処置を取ります。

切迫早産

切迫早産

切迫早産は妊娠22週以降から臨月に満たない時期にもかかわらず、お腹の張りがおさまらない、規則的な下腹部痛がある、破水がある、子宮口が開いているといった出産の兆候が見られることを言います。

原因

原因

切迫早産の原因は人それぞれで明らかになっていませんが、原因のひとつとして「絨毛膜羊膜炎」(CAM)の関与があるのではないかと言われています。「絨毛膜羊膜炎」とは、胎児にくっついている卵膜(絨毛膜や羊膜)が細菌感染して生じる感染症で、それに伴って前期破水や、陣痛などが引き起こされたりして早産に至るとされています。

治療・対処法

治療・対処法

陣痛のような規則的な痛み、破水、またおりものに出血といった症状がある場合は、すぐに病院に行きましょう。適切に処置を施せば、早産を回避できます。切迫早産に対しては絶対安静と薬物療法が一般的な治療とされています。赤ちゃんが元気に成長するためには1日も長くお腹の中にいることが大切なので、お腹の中で健康に育つ環境を作るために、子宮筋弛緩剤で子宮の収縮を抑制し、点滴を投与しながら安静を保ちます。

予防法

予防法

切迫早産の原因は明らかにされていないと言われていますが、切迫早産を避けるためには、お腹に負担がかかる行動や身体に負担がかかる動きなどは避けた方が良いとされています。切迫早産の予防法としては以下のようなことが言われています。

身体を温める
身体の冷えと切迫早産に直接的な関係はありませんが、長時間寒いところにいるとお腹の張りを感じやすくなるという人が少なくありません。身体が冷えるような服装はなるべく避けるようにしましょう。
長時間の立ち仕事
長い時間立ちっぱなしだとお腹に力が入るので子宮が収縮しやすいとされています。立ち仕事が多い人は、休憩を多めに入れて無理をしないことを心がけましょう。
ストレス
臨月ギリギリまで仕事を続ける人も少なくありませんが、やはり働き過ぎは母体に大きな影響を与えてしまいます。安定期に入ったからといって無理をせず、適度な休養を取りながら働きましょう。
セックス
切迫早産の原因のひとつとされる感染症を避けるためにはコンドームを付けることが推奨されています。また、お腹への負担を考えて激しいセックスは避けましょう。