施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

妊娠中に気を付けること 運動編



妊娠中の運動は、体重の急増を防ぎ、体力増進にも繋がるだけでなく、気分もリフレッシュされるため、いわゆるマタニティ・ブルーの解消にも効果があるとされています。しかし、あまりにも激しい運動は母体にもお腹の中の胎児にもダメージを与えかねないため、注意が必要です。ここでは妊娠中に気を付ける運動について紹介します。

妊娠中の運動とは

妊娠中の運動とは

一昔前までは妊婦さんが運動することは推奨されていませんでした。しかし、近年は適度な運動を取り入れることで母子ともに健康に過ごせるだけでなく、安産や出産後の母乳の出を良くするとも言われるようになりました。

ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティビクスが人気

ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティビクスが人気

お金も道具もいらないウォーキングは、妊婦さんがすぐに取り組める運動のひとつです。ショッピングで歩くだけでも十分に運動になるので、日常生活に取り入れやすいという特徴があります。少し速めに歩けばカロリー消費にもつながりやすい上、妊娠中の腰痛や便秘、むくみといった様々な症状を緩和できる効果もあるとされています。

最近人気を集めているのが「マタニティヨガ」や「マタニティビクス」です。ヨガは精神をリラックスすることができ、呼吸を整える効果があるだけでなく、肥満予防にもつながるとされています。マタニティビクスも音楽に合わせて無理のないように体を動かすことで、リラックス効果や肥満予防に効果があると言われています。最近ではマタニティヨガやマタニティビクスを推奨する産婦人科も増えています。

無酸素運動ではなく有酸素運動がベター

無酸素運動ではなく有酸素運動がベター

妊婦さんは筋力トレーニングや短距離走といった無酸素運動は控えた方が良いとされています。妊娠中は胎児に大量の酸素を送り込む必要があるため、妊婦さんは酸素をたくさん取り込まなければなりません。そのため、無酸素運動を繰り返すことは母子ともにダメージを与えかねないとされているのです。

妊婦さんにはマタニティビクスやスイミングなどの有酸素運動の方が、メリットが高いと言われています。

つわりでつらいときにも軽い運動が有効

つわりでつらいときにも軽い運動が有効

現在は女性の社会進出に伴い、妊娠が分かったあとでもある程度の期間まで仕事を続けるという女性が増えています。ただし、妊娠初期~中期にかけて「つわり」の症状が出てくるため、通勤時につわりでつらい思いをする妊婦さんも少なくありません。つわりのせいで気分が優れず、精神的にも疲弊してしまう妊婦さんには、気分転換もかねて適度な運動をすることも勧められています。職場が比較的近い距離にある場合は、少しの距離を歩いて通勤するなどしてリフレッシュすることを心がけてみると良いでしょう。