施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

妊娠から出産までに母胎に起こる変化
(妊娠後期)



妊娠後期になると、出産に向けて胎児の成長スピードが加速するので、その分母体への負担が大きくなるとされています。ここでは妊娠中期と言われる妊娠8~10ヵ月(28~40週)で母胎がどのように変化するのかを紹介します。

妊娠後期の母胎の変化

妊娠後期の母胎の変化

妊娠後期になると、これまで以上に胎児が大きくなるのにしたがって、母胎にも様々な変化が現れます。また、出産が迫ってくる妊娠後期は、赤ちゃんとの対面を心待ちにする気持ちがある一方、出産に対するリスクなどで不安を抱えてしまう妊婦さんが増えてきます。身体の変化や出産への不安に一喜一憂しすぎずに、自分らしく妊婦ライフを過ごすことが大切な時期です。

妊娠8ヵ月目

妊娠8ヵ月目

妊娠8ヵ月を迎えるころには、胎児の体重は1,500グラム前後まで大きくなり、体長も40センチメートル以上にまで成長します。超音波で見ると、赤ちゃんらしい形に成長している様子を見ることができます。胎児は外界の音楽や光に反応するようになり、そのたびに胎動を感じるようになります。中にはお腹の中の胎児がしゃっくりをするのを感じる妊婦さんもいます。

母体の脂肪から作られるブドウ糖を赤ちゃんへ優先的に送るようになり始めるので、急に甘いものが食べたくなる妊婦さんが増えてくるのもこの頃です。

時々、おなかの張りを感じるようになる妊婦さんも増えてきます。仕事や家事で動くことが多い人は特におなかが張りやすくなります。おなかの張りを感じたときには安静にすることを心がけましょう。

妊娠9ヵ月目

妊娠9ヵ月目

胎児がますます内臓を圧迫するため、胃がもたれたような感じになったり、動悸や息切れが激しくなったりします。胃が圧迫されることで一度に食べられる食事の量が減る一方で、すぐに空腹を感じるようになるので、食事の回数を分散して対処すると良いでしょう。子宮は膀胱も圧迫するので頻尿や尿もれの症状が見られる他、残尿を感じる妊婦さんもいます。お産に向けて骨盤内のじん帯が伸び縮みするので背中やももなどに鋭い痛みを感じる妊婦さんも増えてきます。中には、股や足がつったりする妊婦さんもいます。

胎児の頭の位置が下がってくるのもこの頃ですが、この時期までに頭の位置が上になっている場合は「逆子(さかご)」と判断されます。逆子と診断された場合は、出産の方法について産科医と相談する必要があります。

妊娠10ヵ月目

妊娠10ヵ月目

いよいよ臨月を迎えます。妊娠37週を過ぎるといつ赤ちゃんが生まれても良い状態になります。胎児が頭を下にして骨盤の中に入るようになるので、胃のもたれや圧迫感が無くなる一方で、足の付け根や恥骨に痛みを感じたり、頻尿になって夜中にトイレで起きたりすることも増えてきます。しかし、それが出産準備に入った証とされています。出産に向けて一層不安が募る時期ともされていますが、リラックスして出産を迎えることができるように心がけましょう。