施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

妊娠から出産までに母胎に起こる変化
(妊娠中期)



妊娠中期を迎える頃になると、一般的には安定期に入るとされています。ここでは妊娠中期と言われる妊娠5~7ヵ月(16~27週)で母胎がどのように変化するのかを紹介します。

妊娠中期の母胎の変化

妊娠中期の母胎の変化

妊娠中期になると、胎盤も完成され安定期を迎えます。妊娠初期に控えていた長距離の移動や、適度に身体を動かすことも少しずつできるようになります。身体を動かせるようになってきたのをきっかけに、出産に向けて入院の準備や、出産後の赤ちゃんの衣服なども少しずつそろえ始める妊婦さんも多いです。マタニティウエディングを考えている人は、妊娠中期を迎えてから挙式をすると良いとされています。

妊娠5ヵ月目

妊娠5ヵ月目

妊娠5ヵ月を迎える頃には、お腹の中の胎児の「胎動」を感じることができるようになります。胎児は、骨格や筋肉が発達してくるので、足や手を動かしたり、ときには羊水の中で一回転したりするくらい活発に動くようになります。妊婦はこうした胎児の動きを、お腹がピクピクしたり、ぐるぐる動き回ったりといった感覚で体感できるようになります。「お腹の中に赤ちゃんがいる」ということを一層実感し、母親になる自覚が芽生える人が多いです。

妊娠6ヵ月目

妊娠6ヵ月目

胎児の発育が加速していき、身長や体重も大きくなります。胎児に髪の毛やまつ毛、眉毛なども生えてきます。胎児の成長にしたがって子宮が大きくなるので、お腹が前に突き出るようになります。それに伴い腰にも負担がかかり、座骨神経痛を発症する妊婦さんも増えてきます。カルシウムやカリウム、マグネシウムなどが不足し、またお腹が大きくなることで足への負担がかかるため、ふくらはぎにこむらがえりを起こす人が多くなるのもこの時期です。その他、尿もれ、便秘、痔、手のかゆみやしびれといった症状に悩む妊婦さんも少なくありません。

妊娠7ヵ月目

妊娠7ヵ月目

妊娠7ヵ月になると、胎児の成長に伴って子宮底(子宮の一番上の部分)が22~26センチメートルになり、内臓を圧迫するようになります。妊娠中期にはつわりも終わって食欲が出る妊婦さんが多いのですが、胃が圧迫されるようになるとこれまで程たくさんの量を食べられなくなる人もいます。

また、成長を続ける胎児に酸素や栄養を与えるために、心臓の動きが活発になります。そのため、この時期の妊婦さんの心拍数がとても激しく、中には息切れを感じたり、動悸を感じたりするので、なかなか夜熟睡できないという人も増えてきます。顔や手足のむくみなどを感じる妊婦さんや、お腹が大きくなることで背中の痛みを発症する妊婦さんもいます。