施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

妊娠中の飲酒・喫煙



妊娠中の飲酒や喫煙は少なからず問題視されています。ここでは妊娠中の飲酒や喫煙が胎児にどのような影響を与えるのかを説明します。

妊娠中のアルコール摂取が胎児に与える影響とは

妊娠中のアルコール摂取が胎児に与える影響とは

妊娠中にアルコールを摂取すると、胎児の発育に異常が見られることがある他、場合によっては流産、死産を引き起こすこともあるとされています。

胎児性アルコール症候群

飲酒頻度の高いアルコール依存症の妊婦から生まれた赤ちゃんには、視覚や聴覚、鼻、口、内蔵、脳といった身体の様々な部分に異常が見られることが比較的多いとされています。これは「胎児性アルコール症候群」と呼ばれます。胎児性アルコール症候群は、アルコールに含まれる成分や分解物が胎盤を経て、胎児の発達を妨げるのが原因と考えられています。

妊娠に気づいたらすぐに禁酒すること

飲酒の時期や頻度、回数など個人差もあることから、どのくらいのアルコール摂取量が胎児にどういった影響があるかという明確な安全量が明確になっていないのが現状です。だからと言って妊娠中にアルコールを摂取することは推奨されていません。やはり、アルコールの摂取量が少量であっても少なからず胎児には何らかの影響を与えてしまうということを意識して、妊娠中は禁酒することが大切です。

ちなみに、アルコール依存症の人でも妊娠前に禁酒すると、その後生まれてきた赤ちゃんにはほとんど影響が見られないという研究結果も報告されています。妊娠に気づいたらすぐに禁酒することを心がけましょう。

妊娠中の喫煙が胎児に与える影響とは

妊娠中の喫煙が胎児に与える影響とは

妊娠中に喫煙本数が多ければ多い程、早産率が高くなることは研究結果から明らかとされています。

タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素などは胎児毒性が強く、前置胎盤や前期破水といった出産時の異常を引き起こすとされています。無事に赤ちゃんが生まれてきたとしても発育障害も見られることも多く、特に喫煙者から生まれた赤ちゃんは非喫煙者から生まれた赤ちゃんよりも体重が平均200グラム軽いという研究結果も報告されています。

周囲の協力も必要

妊娠中の喫煙は胎児に悪影響を及ぼすだけでなく、血管収縮作用が働くため母体にも影響を与えるので、禁煙が強く推奨されています。

また、妊婦さん自身が喫煙者でなくても、タバコの煙を吸い込む「受動喫煙」によっても喫煙同様の影響を受けます。そのため、配偶者や家族、周囲の人間に喫煙者がいる場合は禁煙に対する理解や協力も不可欠になります。

さらに、無事に赤ちゃんを出産したあとであっても、授乳期間に喫煙してしまうとニコチンが母乳に分泌され、赤ちゃんに影響を与えることが報告されています。そのため、授乳期間も禁煙が推奨されています。