施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

ギネスブックに載っている妊娠・出産



ギネスブックとはご存知の通り、あらゆる「世界一」を収集している雑誌です。ここではギネスブックに載っている妊娠・出産について見ていきます。

世界一の妊娠及び出産

世界一の妊娠及び出産

妊娠や出産にまつわる世界一というと、年齢や出産した子どもの数が思い当たります。まずは世界最高齢で出産したケースを紹介します。

世界最高齢の自然妊娠・出産

世界最高齢の自然妊娠・出産

ギネスに記録されている自然妊娠の最高齢はアメリカのルース・キスラーさんで、1956年に57歳のときに、正常分娩で出産をしています。またギネスブックには掲載されていませんが、現在の自然妊娠の最高齢はイギリスのドーン・ブルックさんという女性で、彼女は59歳のときに64歳の夫との間で自然妊娠をし、帝王切開で出産をしました。

医療介入した世界最高齢の自然妊娠・出産

医療介入した世界最高齢の自然妊娠・出産

次に医療が介入した場合では、体外受精でスペインのマリア・デル・カルメン・ボウサダさんの66歳と358日というのが最高齢記録です。彼女は自分を55歳と偽って体外受精をアメリカの病院で行ない、妊娠に成功し、スペインで双子を出産しました。これにより、それまで最高齢記録保持者だったルーマニアのアドリアナ・イリエスクさんの出産年齢を130日も更新することになりました。しかし出産後、彼女は胃がんを患い、子どもたちが2歳半のときに他界しました。

世界最年少の妊娠・出産

世界最年少の妊娠・出産

続いて世界最年少で妊娠、出産をした事例を紹介します。なおこの記録の項目については、2004年以降に販売されているギネスブックから削除されています。

一般的に、女性に初潮が訪れ、ホルモンバランスが整ってくると妊娠が可能になる訳ですが、世界最年少で出産したペルーのリナ・メディアさんは生後8ヵ月のときに初潮が訪れ、4歳のときに妊娠し、5歳7ヵ月で息子を帝王切開で出産したと言われています。子どもの父親については語られないまま、そして息子にDNA検査が行なわれないまま、彼女の息子は40歳のときに骨髄の病気により他界してしまいました。

世界最多の妊娠・出産

世界最多の妊娠・出産

次に、数に注目し、1人の女性が体験した世界最多の妊娠、出産について紹介します。ロシアの農民ヒョードル・ワシリエフさんの妻は、1725年から1765年の間に69人の子どもを産んだ記録があり、ギネス記録に認定されています。通常妊娠には10ヵ月の期間が必要となるため、彼女は多胎妊娠を何度もしたことになります。40年間のうち、4つ子を4組、3つ子を7組、双子を16組も出産しています。ワシリエフさんは、1人の女性が生涯で産んだ最多の記録と同時に、4つ子、双子の最多出産回数の記録保持者でもあります。