施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

「産み分け」について



医療技術が発達した現在では、妊娠時に男女の性別が分かることは、もう珍しいものではなくなりました。さらに、妊娠する前の段階で、男の子もしくは女の子を妊娠する割合を高めてくれる「産み分け」という方法を使い、自分が望む性別の子どもを妊娠できるようにするカップルもいます。

「産み分け」とは

「産み分け」とは

人間の身体上の性別は、受精する前の精子と卵子が持つ染色体の組み合わせによって決定します。精子には男性の染色体と女性の染色体があり、卵子には女性の染色体のみがあるので、受精した精子が持つ染色体の性別が子どもの性別となる訳です。「産み分け」とはすなわち、自分が欲しいと思う性別の子どもを産むことを言います。現在の医療技術をもってしても、その性別の子どもを妊娠する確率を高めることはできても、100%その性別の子どもを妊娠することはできません。

「産み分け」をするには

「産み分け」をするには

「産み分け」をするには、まず妊娠に不都合な疾患がなく、生理周期が規則正しい必要があります。さらに、産み分けには夫婦間の協力が必要不可欠です。一般的に、性交時の体位や中国式のカレンダーを用いて、自ら産み分けに挑戦する方もいますが、まずは産婦人科で妊娠しやすいかどうかの検査をし、医療の力を借りるのが最も効果的とされています。また産婦人科によっては、産み分けのクラスを開講していることもありますが、産み分けを推奨していない産婦人科医もあるので、事前に調べてから相談をするようにしましょう。なお、その際にかかる医療費は、原則として保険は適用されません。

男の子の産み分け

男の子の産み分け

男の子の産み分けには、まず基礎体温や検査によって排卵日を予測することが大切です。男の子の遺伝子を持つYの染色体の精子は(以下、Y精子)、女の子の染色体を持つXの精子(以下、X精子)に比べ、一度の射精に含まれる量は多いですが、寿命は短いのが特徴です。

普段、女性の膣内は酸性に保たれていて、排卵日の近くになると、アルカリ性に傾きます。そしてY精子はアルカリ性に強いので、排卵日に性交をすることでY精子が卵子に到達する可能性が高くなります。また男の子の産み分けを希望する場合には、リンカルというサプリメントとアルカリ成分が含まれるグリーンゼリーを処方してもらうとさらに確率が高まります。リンカルは産み分けにチャレンジする2ヵ月前から妊娠後まで服用し続ける必要があり、グリーンゼリーは性交する直前に、膣内に注入して使用します。

女の子の産み分け

女の子の産み分け

続いて女の子の産み分けについてですが、基本的には男の子を妊娠しにくい環境を作ります。X精子の特徴として、酸性に強くY精子よりも寿命が長いことが挙げられます。よって、女性の膣内がアルカリ性に傾く前である排卵日の2日前に性交を行なうことで、女の子を妊娠する確率を高めることができるとされています。女の子の産み分けにチャレンジする際には、膣内をX精子に有利な酸性の環境を整えてくれるピンクゼリーがあるので、産婦人科での指導にしたがって性交前に使用することもできます。