施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

自宅出産について



かつては出産と言えば自宅でするのが当たり前でしたが、医療技術の向上や病院の普及、国や自治体による医療費の助成により、現在では99%の女性が病院で出産をしています。ここでは、残りの約1%の女性が選ぶ自宅出産について、具体的に紹介していきたいと思います。

自宅出産をするには

自宅出産をするには

自宅出産のメリットとして、「リラックスした状態で出産できる」や「家族に立ち会ってもらえる」などが挙げられますが、必ずしも希望する女性全員が自宅出産を行なえるとは限りません。自宅出産を行なえるのは、妊娠中に大きな異常がない場合のみ、と限られています。帝王切開の経験がある場合や、胎児が双胎や逆子である場合には自宅出産を行なうことはできません。

また妊娠は徹底的に健康に気を配り、体調管理や体重管理をしなくてはなりません。自宅出産時の費用については、分娩介助料金や出産後のアフターケアサポート込で30万円程度と言われており、病院で出産、入院する場合に比べて、10~15万円ぐらい割安だと言われています。

自宅出産までの流れ

自宅出産までの流れ

出産をする際には必ず医師もしくは助産師による出産介助をしてもらわなければなりません。そのため自宅出産する場合には、自宅出産を引き受けてくれる助産院を探すか、フリーで自分の施設を持たずに働く出張開業助産師に頼む必要があります。助産院を開業している助産師に自宅出産をお願いする場合、検診時には助産院と提携している嘱託医で検診を定期的に受ける必要があります。出張開業助産師の場合は嘱託医がいないため、自宅近くの産婦人科医にて検診をしてもらうようにしましょう。さらに、出張開業助産師に介助を頼むと、自宅に出産事前ケアを施すために出張訪問をしてくれます。また出産時期が近くなると、実際に分娩のリハーサルも行なってくれます。

自宅出産をしたあと

自宅で出産をしたあとに、ひと通りの介助が終わると、助産師はいったん帰りますが、翌日にまた自宅を訪問し、新生児の健康状況をチェックしに来てくれます。また授乳やその他の育児に関するアドバイスを一対一で受けることができます。産後1ヵ月までフォローをしてくれる助産師が多いようです。

自宅出産で気を付けるべきこと

自宅出産で気を付けるべきこと

助産師はあくまでも助産を介助する立場であるため、それ以外の医療行為を行なうことはできません。そして自宅出産は、病院で出産する場合に比べて、高リスクであることを念頭に置いておく必要があります。いざという場合にはただちに病院に搬送してもらい、医師による適切な医療処置を施してもらわなければなりません。また自宅出産には家族の理解が欠かせません。自宅出産後に安定した生活を送るためにも、家族に可能な限りのサポートをしてもらうようにしましょう。