施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

高齢出産について



近年、日本では女性の社会進出により晩婚化が進み、高齢出産が多くなりました。メディアでも多くの有名人の高齢出産が報道され、不妊、流産、子どもの障害など高齢出産にまつわる問題についてクローズアップされてきました。高齢出産の定義やリスクについて説明します。

高齢出産の定義

高齢出産の定義

日本産婦人科学会によると、35歳以上での初産の場合、高齢出産と呼ばれます。35歳以上で初めて出産をする場合、母子ともに様々なリスクを伴うため、1993年からこの年齢以降の初産は高齢出産と定義づけられました。

厚生労働省の「人口動態統計月報年数(概数)の概況」によると、日本の第1子出生時の母の平均年齢は年々上昇しており、2011年に初めて30.1歳を記録し、30歳を上回りました。1975(昭和50)年の平均年齢は25.7歳だったことを考えると、40年後の日本の平均初産の年齢が高齢出産の年齢になってもおかしくありません。さらなる女性の社会進出、日本の晩婚化を考えると、高齢出産は今後ともますます増えていくでしょう。

高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

高齢出産で一番懸念されている点として、高齢出産が抱えるリスクが挙げられます。

年齢が上がるとともに、女性の卵子は減少していくため、妊娠率は20代に比べ、極端に下がります。また高齢出産は妊娠高血圧症候群になりやすく、流産する可能性も高くなります。妊娠高血圧症候群の主な症状は高血圧とタンパク尿で、胎児が大きくなればなる程母体に負荷がかかってくるため、妊娠後期に発症しやすいと言われています。さらに分娩時に死亡する確率をみても、高齢出産の方が何倍も高い割合で母体に危険が及ぶことが分かっています。高齢出産の場合、母体の出産時の体力がついていかず、急遽自然分娩から帝王切開に切り替えるケースもあります。

高齢出産が胎児に与えるリスク

高齢出産の場合、染色体異常が出る確率が高く、特にダウン症の発生率は高いとされています。母親の出産年齢が20歳では約1,500人に1人の割合なのが、35歳だと約400人に1人の割合でダウン症の子どもが産まれ、合併症も引き起こしやすくなります。先天的な障害については、出生前検査として以下の検査方法で調べることができます。

  • 血液検査
  • クアトロテスト
  • 羊水検査
  • 絨毛検査

これらの検査で必要になる費用は全額自己負担になります。

高齢出産のメリット

高齢出産のメリット

高齢出産はデメリットばかりが注目されていますが、もちろんメリットもあります。まず子どもを育てる環境については、若いころに比べて経済的なゆとり、精神的なゆとりが生まれてくるので、より良い環境の下で子育てに励むことができます。余裕をもって子育てすることで、母親自身にも精神的な充実感が得られます。さらに、欧米諸国の高齢出産における研究では、高齢出産で産まれた子どもの方が、知能の発達が早いという調査結果も報告されています。