施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

産婦人科情報

母児感染症/淋病



淋病は、淋菌の感染により起こる感染症のひとつで、性行為感染症に認定されています。

淋病とは

淋病とは

性行為感染症に認定されていることからも分かるように、淋病のほとんどが性交によって感染します。淋菌は通常の性行為やオーラルセックスで粘膜に感染し、暖かく湿った部分で発達します。

女性では子宮頚管、子宮、卵管などの箇所で棲息し、男性では精巣に、そして男女では尿道、口腔、咽頭、目や肛門といった箇所に棲息します。淋病の潜伏期間は1週間前後とされているので、症状が出るまでの間に性行為をしてしまい、感染が拡大してしまうケースもあります。淋病の症状ですが、女性では、症状として現れにくく、おりもの異常や膣部の痒みから判断します。一方、男性が感染すると、排尿痛がひどかったり、睾丸に炎症が起きたりするため、自覚症状は女性に比べ、比較的はっきりしています。

女性が淋菌に感染している場合

女性が淋菌に感染している場合

淋病はきちんと治療をすれば、数週間でなおりますが、治療を怠ると様々な合併症を引き起こします。特に女性は、骨盤内炎症性疾患(PID)という子宮外妊娠や不妊症の原因となる病気になりかねないので、疑わしい症状が出た場合は、早めに検診して治療を受ける必要があります。淋病の検診については、病院で直接検診を受ける以外にも、自宅検診用の検査キットが売られていて、病院より安い費用で検診をすることができます。

妊娠している女性が淋病に感染した場合

妊娠中に淋病に感染してしまうと、流産、早産、破水の原因となる場合があり危険です。女性は淋病の自覚症状が乏しいので、そのまま出産をしてしまうと、胎児に産道感染してしまう恐れもあるため、少しでも症状が現れた場合は早急に治療をしなければなりません。新生児に産道感染してしまうと、両眼への感染、血液へ感染してしまい、結膜炎などが発生し、失明に至る可能性もあります。新生児は、分娩後に薬用眼軟膏で治療を受けることが必要です。

淋病の対策

淋病の対策

淋病は、通常の性行為だけでなく、性的接触でも感染します。感染者との性交を1回行なった場合、感染してしまう確率は20~30%だと言われています。淋病は1度感染したからといって抗体ができることのない病気です。ですから、一度完治したとしても、再び淋病に感染している者と性行為を行なえば、再度感染してしまう可能性があります。

淋病の治療

淋病の治療

治療には内服薬と注射を用いますが、淋菌は抗生物質に対して耐性をもちやすいという特徴があります。そのため、一度の治療で、淋菌を死滅させなければならず、内服薬と注射を併用して、決められた内服薬をしっかりと飲み続けることが大切です。また感染拡大を防ぐためにも、治療完了の数日後に、完治確認試験を受けることが重要です。