施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

母児感染症/風疹



母児感染症の中でも、代表的な病気となっているのが風疹です。ここではその概要から対策について説明していきます。

風疹とは

風疹とは

風疹とは、風疹ウイルスが飛沫感染して、発熱、発疹、リンパ節腫脹といった症状が見られるウイルス性発疹症のことを言います。日本では、発疹が3日前後で治まることから「3日はしか」としても知られています。通常、2~3週間の潜伏期間を経てから発症し、初期症状として風邪のような症状が見られます。その後発疹が全身に現れ、高熱に見舞われるようになります。リンパ節は、発疹が現れる数日前から腫れ出し、数週間にわたり症状が続きます。現時点では特異的な治療法はなく、症状を和らげる対症療法で治療が行なわれています。

妊娠初期の女性が感染した場合

風疹はまれに合併症を併発することもありますが、何日か経過すれば治る病気です。しかし特に妊娠初期の妊婦が風疹にかかると、体内にいる胎児も風疹ウイルスに感染してしまい、赤ちゃんに障害が出ることがあります。これを先天性風疹症候群と言い、先天性風疹症候群の子どもを産む確率は、妊娠初期であればある程高くなります。

先天性風疹症候群の症状とは

白内障、先天性心疾患、難聴が先天性風疹症候群の3大特徴として挙げられます。体内死亡や流産の危険もあるので、十分に注意が必要です。下記は3大特徴以外の先天性風疹症候群の症状ですが、これらすべての症状にかかる訳ではありません。

  • 先天性緑内障
  • 脳性麻痺
  • 精神発達遅滞
  • 生後24時間以内の黄疸
  • 髄膜脳炎

風疹の対策

風疹の対策

一度抗体ができると、病気による免疫力が低下している場合を除き、二度と風疹には感染しないとされています。大人が感染した場合、症状は子どもよりも重くなります。そのため血液検査で感染の有無を調べてから、風疹ワクチンの予防接種を受けることで、感染に備えることができます。

風疹ワクチン

風疹ワクチンは予防接種であるため、保険が適用されません。自治体や企業によっては、補助金を出しているところもありますが、単独ワクチンで4,000~8,000円、混合ワクチンでは8,000~12,000円かかります。混合ワクチンとは、麻疹と風疹の抗体を両方含むワクチンのことを言います。

妊娠発覚後の予防

通常女性が風疹ワクチンを接種した場合、接種日より2ヵ月先まで、避妊が必要です。風疹ワクチンは活性ワクチンですので、インフルエンザのワクチンとは違い、妊娠中は風疹の予防接種を受けることができません。そのため、すでに妊娠していて、家族に風疹ワクチン接種記録及び風疹の罹患歴がない人がいる場合は、ぜひ家族に予防接種をすすめましょう。