施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

産婦人科情報

産婦人科の探し方・利用の仕方



ここでは産婦人科の探し方や実際の利用の仕方についての説明をします。

産婦人科の探し方

産婦人科の探し方

インターネットが発達した現在では、産婦人科を含めすべての病院をインターネットでの口コミを検索してから受診にかかる人も少なくありません。妊婦向けのサイトや、産婦人科のみを探す検索サイトも続々と立ち上がっています。また、自分の知り合いに直接評判を聞いたり、雑誌に掲載されている病院や診療所を参考にしたりする場合もあります。

産婦人科の選び方

産婦人科の選び方

産婦人科は出産のみならず、女性のあらゆる疾患を診察してくれます。ここでは出産時に向けての産婦人科を選ぶことを想定して、その選び方について述べていきます。

自宅から近い病院を選ぶ

健診で何回も通うことを考えると、自宅から通える距離にある産婦人科を選ぶことが大切です。陣痛が予想外に早く来るケースもあるので、自宅から近い距離に産婦人科があると安心感が高まります。里帰り出産をする場合は、事前に健診をする産婦人科にその旨を伝え、分娩をする産婦人科に経過を伝えてもらうと良いでしょう。

分娩方法で選ぶ

分娩は産婦人科や助産院で対応しており、その分娩方法も施設の規模によって異なります。助産師が開業している施設では、アットホームな雰囲気の中で出産することができますが、医療行為をはじめとした緊急時の対応はできません。診療所では、健診から分娩まで同じ医師が担当してくれる場合が多いので安心できますが、助産院と同じようにリスクを伴う場合は、連携している病院へ転院せざるを得ません。規模の大きい総合病院にある産婦人科では、産科以外の診療科目も充実しているため、合併症などのリスクに備えることができます。しかし医師、受診者ともに多いため、健診と分娩を同じ医師が担当してくれる確率は低くなります。

産婦人科の利用の仕方

産婦人科の利用の仕方

最終的に産婦人科との相性を判断するのは妊婦自身であるため、産婦人科を利用する際はまずは1回診察を受けてみることが大切です。また、助産院は通常分娩だけを取り扱う施設ですが、妊娠時から出産後までの準備や心構えなどを知るための、様々なクラスが用意されています。まずはクラスに参加し、助産院の雰囲気をつかむことも大事だと言えます。

前日までの準備

まずは、自分が見付けた施設の診察時間や、予約の有無について確認をしましょう。総合病院などでは初診から予約が必須のところもあります。また総合病院の場合は、医師の状況により、産婦人科の休診日だけ別途で設けられている可能性もあるので、しっかりと確認をしてから診察の準備をしましょう。

当日の持ち物

自然分娩の場合は、保険適応外ですが、念のために保険証は持って行ったほうが良いでしょう。基礎体温表を付けている方はそれを持参し、服装はできるだけ着脱しやすいものが良いとされています。さらに、内診後に出血する場合もあるので、生理用ナプキンを持って行きましょう。