施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

食材を使った美容法



エステや美容器具にいくらお金を出しても、日常生活や食生活が乱れていては美しく健康的な身体を手に入れることができません。ここでは、美容に良いとされる食材を普段の食生活に取り入れることで、美しい肌や健康な身体作りができる美容法を紹介します。

美容に効く食品や飲料

美容に効く食品や飲料

美容に良いとされる食べ物や飲み物はたくさんありますが、偏った食べ方は食生活のバランスを崩してしまうことになりかねません。それぞれの効能をよく知り、上手に日常に取り入れることが大切です。

美容に良い食品

美容に良い食品

美容に良いとされている食品を紹介します。

わかめやひじきなどの海藻類
藻類にはミネラルやカルシウム、カリウム、ヨウ素など身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。天然多糖類のアルギン酸を含み、整腸作用や余分なコレステロールを体内から排出し血圧を下げる働きもあります。免疫力を高めるビタミン類も多く含まれるため、健康を促進すると同時に低カロリーでダイエットにも良い食品です。
オリーブ(オイル)
オリーブには、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、血液の中の余分な脂肪を取り除くことで血液をサラサラにする働きがあります。そのため、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を防ぎ肥満解消にもつながります。また、抗酸化作用に優れているため肌や身体の老化防止や保湿効果も期待できます。さらには、オイルが腸内を整え消化作用も促進させるため、中性脂肪を減らしてダイエット効果を得ることもできます。
はちみつ
はちみつにはビタミン類をはじめ葉酸、カルシウム、酵素、鉄などの身体に良い栄養素が豊富に含まれています。殺菌作用や抗菌作用があるため、肌荒れにも効果があるとされています。はちみつが持つ高い保湿力や抗酸化作用が、しわやたるみ、くすみなどの老化現象を防ぐ働きもあります。はちみつを軽いピーリング剤として使うと、保湿しながら肌のターンオーバーを促すことができ美肌に効果があるとされています。
くるみ
くるみはビタミンEを含み、薄毛予防や黒髪を保つ働きがあるとされています。くるみなどのナッツ類には良質な植物性オイルが豊富に含まれているので、便秘を解消したり、貧血を防いだりといった効果が期待できます。また、良質アミノ酸を含み、欝(うつ)や不眠症にも良いとされています。しかし、くるみはアーモンドなどに比べてカロリーが高く1粒約35カロリーもあるため、1日に1~5粒程度までの摂取が望ましいとされています。
しょうが
胃液の分泌を促進し、消化や吸収を助ける働きがあります。また、しょうがに含まれるジンゲロールという成分が血管を拡張させ血行を良くするため、冷え性や肩こり、むくみなどに効果があるとされています。このジンゲロールや同じくしょうがに含まれているショウガオールには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングのための美肌効果も期待されています。

美容に良い飲み物

美容に良い飲み物

美容に良いとされている飲み物を紹介します。

酢に含まれるアミノ酸が新陳代謝を活発化させるため、肌荒れやにきび予防をはじめ、アンチエイジングの効果があるとされています。酢にはビタミンCが豊富に含まれているため、くすみを解消して顔色を改善する効果が期待できます。酢に含まれるリパーゼには脂肪を分解する働きもあり、有酸素運動も合わせて酢を摂取すると脂肪を効率良く燃焼させることができダイエットにもつながるとされています。疲れたときに飲むと疲労回復につながる効果があることも知られています。
豆乳
豆乳に含まれる植物性たんぱく質には、脂肪を燃焼する働きや、余分な脂肪を体内に吸収することを防ぐ善玉コレステロールを増加させる働きがあります。過剰な栄養吸収を抑えるので、肥満防止にもつながる他、便秘解消にも効果があります。また、豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、身体の調子やバランスを整えることができ、肌や女性の健康にも大きく貢献することが分かっています。