施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

美容外科で販売してる化粧水



多くの美容外科では化粧水などのスキンケア商品の販売も行なっています。ここでは、医療機関で販売されているものの、一般的には市販されていない化粧水について紹介します。

医療機関専売コスメ(ドクターズコスメ)とは

医療機関専売コスメ(ドクターズコスメ)とは

病院やクリニックなどの医療機関限定で取り扱われる化粧品は「医療機関専売コスメ」と呼ばれています。「ドクターズコスメ」「メディカルコスメ/メディカル化粧品」「サイエンスコスメ」などと呼ばれることもあります。

皮膚科医、美容外科医、形成外科医など、肌の専門家が医学的な根拠に基づいて研究・開発した化粧品を指します。ニキビ・シミ・シワ・アトピー性皮膚炎などの治療経験から生み出されたスキンケア商品は安全性を重視しており、目的別に肌状態の改善が期待できるとされています。市販されている化粧品のように宣伝費をかけていない分、研究や開発費に投資でき、様々な肌トラブルに対応できる製品が生み出されているという評価もあります。

専門医がすすめる化粧水の特徴

余分なものを含まない

余分なものを含まない

有名ブランドの化粧水に入っている人工香料など、本来必要のない成分は肌に刺激を与えます。皮膚科医がすすめる化粧水は敏感肌の人でも安心して使えるように、余分な成分はほとんど入っていません。商品によって異なりますが、以下のような特徴があります。

  • 無着色
  • 無香料(合成化学香料不使用)
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー(パラベンとは保存料の一種です)
  • 鉱物油無添加
  • 界面活性剤フリー
  • 防腐剤フリー
  • 皮膚科学的テスト済み

有効成分は市販品よりも濃度が高い

余分なものは入っていませんが、肌を保湿するための有効成分は市販品よりも高い濃度で含まれていることが多いです。保湿成分にはセラミド、レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。また、「EGF」という皮膚の細胞再生を促進させるタンパク質の一種で「細胞再生因子」と呼ばれる成分を配合したものも多数販売されています。

分子が細かく、肌への浸透力が高い

分子量が大きいと、せっかくの成分が肌に吸収されていきません。市販品に比べて研究開発に力を入れているため、より細かい分子が肌の奥深くにまで浸透するような化粧水が作られています。

化粧水の正しい使い方

化粧水の正しい使い方

通常、化粧水は「普通肌用」「オイリー肌用」「乾燥肌用」「混合肌用」「敏感肌用」など、肌のタイプ別に用意されています。担当医やクリニックのスタッフに相談し、自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

正しい付け方

朝晩の洗顔後に手やコットンで丁寧になじませるのが良いとされています。手のひらで顔全体を覆うようなイメージで押さえてなじませたあと、目や鼻のまわりなどの細かい部分は指の腹で優しく押さえるようにして付けていきます。コットンパックをする場合には、コットンにたっぷりと化粧水を含ませてそっと肌の上に置くだけにします。長く放置しすぎるとかえって肌の水分を奪ってしまうこともあるので注意が必要です。

また、ドクターズコスメであっても、肌に赤みが出るなどの違和感がある場合は使用を止め、担当医に相談しましょう。