施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

フォトショップの加工技術



フォトショップとは、アドビシステムズ社が開発した画像の編集などに使われるソフトウェアです。特に写真を加工する際に用いられることが多く、デジカメで撮影した人物の写真を修整することにも利用されています。雑誌やウェブサイト用の写真の修整(レタッチ)にとどまらず、スナップ写真の仕上がりを気にして自らレタッチする人も少なくありません。ここではフォトショップでの加工技術を使って美しい顔に見せるテクニックの例を紹介します。

肌のレタッチ

肌のレタッチ

特に顔がアップの写真の場合、肌の色がくすんでいたり、しみやそばかすがあったりすると老けた印象を与えてしまいます。フォトショップの加工技術を活用すれば、白くて美しい肌質を演出することができます。

美白にする

ツールバーから修復ブラシを選択・設定し、写真の中で気になるほくろやしみ、そばかすを消します。消す作業を行なう際には、肌の色を同じにするために消したい部分の近くの画像をコピーして、消したい部分にその画像を貼り付けます。そして、色調補正から明るさ・コントラストを選択して、適切な明るさの値を設定すると明るく白い肌を表現することができます。

滑らかな肌質に見せる

多角形選択ツールを使って、滑らかにしたい肌の部分を選択します。その後「選択範囲を変更」をクリックして「滑らかに」を選択し適切な数値を入力します。その後、再び「選択範囲を変更」をクリックして「境界をぼかす」を選択して同じく適切な数値を入力します。次にフィルターを使ってプレビューを見ながらぼかし、色調補正の明るさ・コントラストで加工して肌の明るさも整えます。

顔のパーツのレタッチ

顔のパーツのレタッチ

フォトショップの技術を用いれば、肌の色や明るさなどを整えるだけでなく、まるで美容整形を施したかのように写真中の顔のパーツを調整することも可能になります。履歴書などに貼付する証明写真やお見合い写真などで使われることもあります。

リフトアップさせる

リフトアップなど、顔の輪郭の形をレタッチするために使われるのが「ゆがみ」フィルターです。ゆがみを調整するためのウィンドウを見ながら、ほお骨の位置を調整します。顔のラインを細く見せたい場合は、変形からワープを使って、調整を施します。

目を大きく見せる

フィルターからゆがみを選択し、膨張ツールを使って目の大きさを調整します。極端に大きくしてしまうと、不自然な印象を与えかねないので、ブラシサイズとブラシの流量を少しずつ調整しながら加工しましょう。また、まつげブラシを使ってまつげのボリュームを調整するといった方法も併用するとインパクトのある目を演出することができます。