施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

美容に良いと言われる食べ物



外側の美容だけでなく、内側から美しくなるための「インナービューティー」に注目する人も多くいます。健やかな身体を保つために、適切な食習慣を身に付けることはもちろんですが、食べ物のなかでも特に「美容に良い」と言われるものがあります。ここでは美容に効果があるとされる野菜と果物を紹介します。

野菜

野菜

日ごろの食事で摂取する野菜のなかには、美容に欠かせない栄養素を含んだものもたくさんあります。そういった野菜を意識して取り入れることで美容だけでなく健康促進にも効果があるとされています。ここでは美容に良いとされる代表的な野菜を2つ紹介します。

トマト

美白効果やコラーゲンの生成を促す働きを持つビタミンCの他、メラニンの生成を抑制するリコピンが含まれています。また、リコピンは抗酸化作用が高い栄養素のひとつで、肌のアンチエイジング(老化防止)にも効果を発揮するとされています。なお、トマトを加熱調理した方がリコピンの体内への吸収や蓄積が増加するという研究結果が発表されていますので、美容効果を高めるためにはできるだけ加熱したトマトを食べることが推奨されています。

カボチャ

βカロチンが豊富な緑黄色野菜のひとつとしても知られているカボチャは、美肌に良いとされるビタミンCや、ビタミンCとの相乗効果で抗酸化作用も期待できるビタミンEが含まれています。食物繊維も含まれているので腸内環境を整え、ダイエット効果も期待できるとされています。

果物

果物

野菜だけでなく果物にもたくさん栄養素が含まれています。美容に関心の高い女性のなかには砂糖や油分の多いお菓子類を食べる代わりに果物を取り入れている人も少なくありません。ここでは自分の美を磨きたいという女性におすすめの果物を紹介します。

リンゴ

リンゴには極めて強い抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれているため、美白効果、抗アレルギー作用などがあるとされています。水溶性と不溶性の両方の食物繊維が含まれていることから、腸内の善玉菌を増やして便秘解消につながるだけでなく、ダイエット効果も期待できます。

バナナ

リンゴと同様に食物繊維やフラクトオリゴ糖などが含まれているため、腸内環境を整えるための効果を発揮します。また、ポリフェノールや美容には欠かせない栄養素と言われるビタミンB群も豊富に含んでいるため、肌の潤いを取り戻し、肌の老化を防ぐことができるとされています。カリウムの量が果物のなかでは比較的多いとされていることから、むくみ防止にも有効です。ただし、糖分が多いため、摂取し過ぎると太る可能性もあるので注意が必要です。