施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

美容に関する資格



自らの顔や身体を美しくしたいという女性がいる一方で、女性が美しくなるためのお手伝いをしたいと考える人もいます。女性の美をサポートするための美容系の資格も様々です。ここでは美容に関する資格について紹介します。

資格の種類

資格の種類

「エステティックサロン」「ネイルサロン」「ヘアサロン」で働くために必要もしくは重視されている資格について紹介します。

エステティシャン

エステティシャン

エステティシャンになるためには、必ずしも資格が必要とされていません。未経験者でも就業することは可能です。しかし、美容に対する知識や直接触れる人間の身体についての知識を付けるため、たいていの人は美容系の専門学校やエステティシャンを養成するスクールなどに通っています。

また、大手エステティックサロンのなかにはエステティシャンを養成するための学校やスクールを有している場合や美容系専門学校などと提携している場合もあり、規定されたカリキュラムを受講・修了することでそのエステティックサロンでの就業を認定するといったコースを用意しています。

ネイリスト

ネイリスト

ネイリストになるためには特別な資格は必要ないとされていますが、エステティシャン同様、ネイルについての知識や技術が乏しい人は就業が難しいとされています。

そこで、ネイリストを目指す人の大半は、トップネイリストが主催するスクールやネイルサロンが開いているネイリスト養成講座などで技術を磨く他、「JNECネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル検定」などの検定試験を受験しています。スクールでの認定証や検定の合格証書などを履歴書に添えて書類選考を通過し、実技試験などを経てからネイルサロンで就業することが多いとされています。

ヘアスタイリスト

ヘアスタイリスト

ヘアスタイリスト(美容師)になるためには、厚生労働大臣が指定する専門学校の課程(夜間・昼間コースあり)を修了しなければなりません。美容の知識や技術の他、髪や身体に関する知識や薬剤(ヘア剤)などに関係する化学についての知識なども習得します。通学課程の場合は原則2年で修了し、通信課程の場合は3年間の学習期間を必要としています。卒業後に国家試験を受験し、合格したのちに美容師としての免許を取得できます。

免許を取得したあとは、ヘアサロンなどに就職し、アシスタントとしてスタイリストの手伝いをしながら、技術を習得していきます。その後、ヘアサロンごとに設けている基準に到達すると、スタイリストとして働くことができるようになります。

なお、美容師は理容師と異なりカミソリを使った顔そりはできませんが、ヘアメイクアーティストやネイリストとして働くことも可能です。