施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

カラーコーディネイターとは



カラーコーディネイターとは、ファッションやインテリア、住宅やビルなどの配色や色彩をコーディネイトする人のことを言います。カラーコーディネイターに関する試験もいくつか実施されており、また日常のファッションやインテリアにも知識を活かすことができるとして女性を中心に人気を集めている資格のひとつです。

仕事内容

仕事内容

カラーコーディネイターの仕事の領域は、服飾関係にとどまらず、建築、インテリア、デザインなど幅広いです。ここでは、それぞれの分野を紹介します。

ファッション分野

服や服飾雑貨などをデザインする際に、カラーコーディネイターが色の組み合わせを考えてデザインすることがあります。また、店舗での販売員として、顧客のファッションのコーディネイトをする際にカラーコーディネイターの知識を活用して接客することもできます。

建築分野

同じものでも色が異なると違った印象を受けることがあります。色によって気分が左右されることがある人間の心理を建築の場でも活用し、多くの人が利用する建物や建造物で色や配色にこだわることは少なくありません。その建物や建造物に対してどういった印象を与えたいかについて、設計段階からカラーコーディネイターとディスカッションを重ねることもあります。

美容分野

その人に合った色や好印象に映る色を取り入れると、美容とは違ったアプローチで見た目を良くすることができます。政治家などに専属のカラーコーディネイターが付き、見た目のアドバイスをして印象を操作するという場合もあります。

カラーコーディネイター検定試験

カラーコーディネイター検定試験

カラーコーディネイターになるための知識を身に付けるには、「カラーコーディネイター検定試験」を受検することが推奨されています。

カラーコーディネイター試験は1~3級まであり、東京商工会議所が行なっています。主に、産業目的で色彩に関する知識を活用するために必要な能力を判定しています。また、同じように色彩についての知識や能力を判定するための試験として「カラーデザイン検定」(ICD国際カラーデザイン協会が実施)や「色彩検定」(全国服飾教育者連合会が主催)といった試験もあります。

ただし、これらの資格を取得したからといって必ずカラーコーディネイターになれる訳ではありません。日本では専門職としてまだ確立していないため、カラーコーディネイターそのものを仕事にすることは難しいとされています。

そのため、こういった資格はあくまでも「色彩に関する知識や能力を測るためのもの」と理解しておく必要があります。例えばファッションや建築、デザインなどの分野であれば、カラーコーディネイターとしての知識や能力を活かすことができる機会も比較的多いので、そういった分野で働きたいと考えている人は受検を検討しても良いかもしれません。