施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

ネイルサロンとは



ネイルサロンとは、マニキュアやアートを駆使したネイル(爪)への装飾やトリートメントを行なう専門店のことです。一般的にはネイルに関する知識や技術を習得したネイリストと呼ばれる店員が施術しています。ここではネイルサロンで受けることができる主な施術について紹介します。

ネイルサロンでの施術

ネイルサロンでの施術

2000年以降、日本のネイルサロンは急速に増えました。最近は男性の美容に対する意識の高まりから、男性でもネイルサロンに通う人が増えています。

ネイルケア

ネイルケア

ネイルサロンに通う人の中には、オシャレとしてのネイルではなく自爪の健康や補強を目的にネイルサロンに通う方も少なくありません。ネイルサロンでは甘皮(爪の生え際にある爪と皮膚の間の皮のこと)の処理、爪のカット(スクエアカットやラウンドカット)、パラフィンパックやオイルマッサージでのハンドケアといったネイルケアのメニューを用意しています。ネイルのカラーリングやネイルアートをする前後にはネイルケアを行なうことで、より健康的で美しい爪の状態をキープすることができるとされています。

カラーリング

カラーリング

マニキュアやジェルネイルを使って爪に色を付けることを言います。カラーリングをする際には爪の表面をよく磨き、色の定着をより良くするためのベースコートを塗った上でマニキュアやジェルネイルなどでカラーリングを施します。カラーリングが終わったあとは、色を長持ちさせるためのトップコートを塗ります。ジェルネイルの場合は専用のライトに当てることですぐにネイルを乾燥させることができますが、マニキュアの場合は、表面上は乾いたように見えても中まで完全に乾くまでに時間がかかります。

ジェルネイル

ジェルネイル

ジェルネイルは色持ちが良く、乾きが早いことから、日本では2000年代に入ってから急速に人気を集めているネイル素材のひとつです。ジェルネイルにはハードジェルとソフトジェルがありますが、日本で現在主流なのがソフトジェルです。

ベースコートを塗った上にジェルネイル素材を塗ります。塗ったあとは専用のライトを当てて定着させます。ネイルを落とすときはアセトンという液剤で溶かします。

ソフトジェルの中にもハードタイプのバイオジェルとソフトタイプのカルジェルがあります。カルジェルは講習を受けた人しか購入・使用することができません。

ネイルアート

ネイルアート

ネイルアートとはネイルに様々なデザインや絵を描いたり、ストーンやビーズ、シールなどを付けたりして爪を装飾することを言います。その他、立体的なアートやエアブラシを使ったアートなど様々な手法が取り入れられています。近年は、漫画やアニメのキャラクターなどを爪に描く、いわゆる「痛ネイル」と呼ばれるネイルアートをリクエストする人も増えています。

国際的なネイルアート大会で日本人ネイリストが何人も優勝や上位入賞を果たしていることもあり、日本のネイルアート技術の高さは世界的にも認められています。世界的に活躍するアーティストのレディガガの専属ネイリストを務める日本人ネイリストもいるなど、日本のネイルアート技術は世界の著名人からも注目されています。