施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

国内のミスコンテスト



日本国内でも日本人女性としての美を競い合う様々なミスコンテストが開催されています。ここでは「ミス日本」をはじめとした日本国内の主なミスコンテストについて紹介します。

ミス日本コンテスト

ミス日本コンテスト

ミス日本コンテストは、日本とアメリカの友好親善を図るための女性親善大使を選出することを目的に、1950(昭和25)年に第1回大会が開催されたのがきっかけです。その後、「日本の代表的な美しいお嬢さんを選び育てて、美人の指標とする」(公式HPより)という目的のもとに、ほぼ毎年開催されています。

第1回大会で優勝した山本富士子さんは、その後日本を代表する映画女優として活躍しました。女優として活躍する藤原紀香さんもミス日本の覇者です。また、1996(平成8)年大会でフォトジェニック賞を受けた西川史子さんと、2004(平成16)年大会で準ミス日本を受賞した友利新さんは医師として活躍するかたわら、それぞれタレント活動も展開しています。

応募資格は日本国籍を有する15~25歳の未婚女性で、身長が152センチ以上と定められています。

ミスキャンパス

ミスキャンパス

日本国内にある各大学の学園祭での企画のひとつとしてミスコンテスト(ミスキャンパス)が開催されています。特に、東京都内にある有名大学のミスコンテスト上位受賞者は、大手芸能プロダクションからスカウトされて雑誌の読者モデルになったり、タレント活動を始めたりする他、卒業後はアナウンサーやキャスターとして活躍する人も少なくありません。

ミスキャンパス出身のアナウンサーは数多く、田中みな実さん、森麻季さん、市川寛子さんはミス青山学院大学コンテストの出身者、青木裕子さん、中野美奈子さん、滝川クリステルさん、鈴江奈々さん、竹内由恵さんはミス慶応大学コンテストの出身者、大橋未歩さんはミスソフィア(上智大学)コンテストの出身者、戸部洋子さんはミス立教大学コンテストの出身者です。

地方自治体が主催するミスコンテスト

地方自治体が主催するミスコンテスト

「ミス○○」と銘打ったミスコンテストは各地方自治体や観光協会などでも開催されています。これらのミスコンテストは、美しさを競うコンテストであると同時に、受賞者は各地方自治体の特産品や観光名所を紹介する観光大使としても活躍します。全国各地で行なわれるミスコンテストは数多く、下記のようなものがあります。

  • ミスさっぽろ・雪の女王(北海道)
  • マーメイドくしろ(北海道)
  • ミスねぶた(青森県)
  • ミスりんご(青森県)
  • ミスあきたこまち(秋田県)
  • ミス庄内(山形県)
  • ミス苗場(新潟県)
  • さくら親善大使(埼玉県)
  • 下町たいとう親善大使(東京都)
  • ミス府中(東京都)
  • ミス鎌倉(神奈川県)
  • 湘南ガール(神奈川県)
  • ミス伊豆の踊り子(静岡県)
  • ミス富士山(静岡県)
  • 女王卑弥呼(奈良県)
  • ミス女忍者(滋賀県)
  • プリンセス天橋立(京都府)
  • スマイル神戸(兵庫県)
  • 阿波おどり大使(徳島県)
  • 四万十川キャンペーンレディ(高知県)
  • ロマン長崎(長崎県)
  • みやざき花の女王(宮崎県)
  • ミスハイビスカス(沖縄県)