施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

日本美容外科学会(JSAPS)



日本美容外科学会(JSAPS)は、日本で唯一、国際美容外科学会(ISAPS)に認定された美容外科学会です。ここでは日本美容外科学会(JSAPS)について紹介します。

JSAPSとは

JSAPSとは

日本美容外科学会(JSAPS)は日本形成外科学会の専門医に認定された医師で構成される学会です。学会に属する会員は、「顔・全身の美容外科に従事していることが条件」とされています。

名称について

名称について

日本美容外科学会(JSAPS)とは別に、日本美容外科学会(JSAS)という日本語名が同じ美容外科学会が存在します。両者は英語の名称で区別をしています。ここで紹介する日本美容外科学会(JSAPS)の英語表記は「JAPAN SOCIETY OF AESTHETIC PLASTIC SURGERY」です。なかには両方の学会に所属している美容外科医もいます。

会員になるには

会員になるには

日本美容外科学会(JSAPS)は、1977(昭和52)年1月に発足した日本整容形成外科学会を母体にした組織です。正会員は日本の医師免許と日本形成外科学会の専門医の資格を持ち、美容外科及び形成外科の臨床経験が6年以上あることを条件としています。正会員以外にも候補会員(臨床経験が6年未満)、関連会員(正会員の条件を満たさない医師・歯科医師、医学研究者)、賛助会員(美容外科関連の業務に従事する個人または法人)、海外会員(日本の医師免許を持たない美容外科・形成外科医)といった資格も用意しています。

活動内容

活動内容

日本の場合、医師免許さえ取得すれば誰もが美容外科医になることができます。しかし、美容外科医として施術を行なうためには美容外科の知識や技術を身に付ける必要があります。

そこで、日本美容外科学会(JSAPS)の正会員になるための条件のひとつとして、日本形成外科学会の専門医に認定されているかどうかを挙げています。日本形成外科学会の専門医に認定されるためには、少なくとも5年間形成外科にかかわる研修を受け、その後、認定試験に合格しなくてはなりません。つまり、日本形成外科学会の専門医に認定されるということは、形成外科の施設で美容外科にも通じる知識や技術を身に付けてきた証拠となるとも言えます。美容外科で一定以上の経験を持ち、所定の審査を通過した正会員には美容外科専門医認定証の発行も行なっています。

日本美容外科学会(JSAPS)では、最新の美容外科に関する知識や技術の情報交換、学術研究の場を提供するために、1978(昭和53)年から毎年開催されている年次総会の他、美容外科に関する学術集会・講演会・研修会などを年数回開催しています。