施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

ビタミン剤注射を使った整形手術



現代社会に生きる私たちにとって、疲れやストレスはどうしても避けられない問題のひとつです。しかし、疲れやストレスは美肌の大敵です。疲れやストレスを緩和する効果が期待でき、肌の調子を良くする効果もあると言われる「ビタミン剤注射」について紹介します。

ビタミン剤注射とは

ビタミン剤注射とは

疲れやストレスが溜まっている現代人はとても多いです。また、現代人はデスクワークなどで慢性的な運動不足にあるとされています。それらが健康・美容の弊害の一因とも言われます。疲れが取れないときに使われることがあるビタミン剤には、慢性疲労、偏頭痛、風邪、眼精疲労、慢性肩こりなどに効果があるとされています。

ビタミン剤注射は、ヒアルロン酸やコラーゲンのように顔に直接注射するものではなく、腕などから体内に注入することで、疲労回復といった様々な効果を得ることができるとされています。肌荒れや身体の調子を整える美容の効能も持っていることから、美容の観点からも注目が集まっています。

ビタミン剤にはいくつかの種類があり、自分の症状に合わせて使い分けることが必要です。

美白のためのビタミン剤注射の成分

美白のためのビタミン剤注射の成分

美白ビタミン注射は、肌に疲れが出ている人や肌荒れが気になっている人が効果を実感しやすい注射です。肌の新陳代謝を活性化するプラセンタエキスや、メラニンを薄くする効果があるLシステインなどの成分の他、抗酸化を促す働きのあるグルタチオンエキス、高濃度ビタミンなどの成分が配合されており、そのどれもが美白には欠かせない成分でもあります。

ビタミン剤注射の効果と副作用

ビタミン剤注射の効果と副作用

ビタミン注射は、疲労回復効果や滋養強壮、美容などそれぞれに効果が異なるので、自分に必要な効能のある注射を医師と相談して決めて施術を行ないます。

例えば、にんにく注射のように疲労や食欲不振、二日酔い、風邪、神経痛、筋肉痛、肌荒れ、口内炎などの症状に効くとされる活力補充系の注射もあります。美白、美肌、アンチエイジングのためのビタミン注射の場合、活力を入れるためのにんにく注射のような即効性はありませんが、定期的に施術を受けることで効果を得ることが期待できます。

ビタミンは水溶性のため、身体に蓄積されることがなく、副作用はほぼ出ないとされています。しかし、ビタミンは水に溶けやすく身体からすぐ排出されてしまうため、継続的に行なわないと効果が現われない場合もあります。

また、「多少身体に無理をさせたとしても、ビタミン注射で回復すれば良い」という考えは良くありません。ビタミン剤を打つことで身体を回復するということ自体健康的とは言えないため、ビタミン注射の活用法をよく考えて注射する必要があります。