施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

ケミカルピーリングを使った整形手術



透明感のある若々しい肌を手に入れたいと思う女性は多いものの、年齢を重ねるごとに肌への悩みは増えていくものです。ここでは美肌効果があるとして注目されている「ケミカルピーリング」について紹介します。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは

皮膚は、表皮と真皮の2つの層に分かれています。この2つの層の間で新しい皮膚が生まれ、表皮がはがれ落ちて交代するサイクル(ターンオーバー)を28日周期で繰り返しています。老化や紫外線などのダメージからこのサイクルが弱まると、古い角質が肌表面に残り、色素が目立つようになります。これがくすみやしみの原因になります。また、古い角質は水分を多く含むことができないため、しわの原因になったり、ニキビ跡が残ってしまったりするなどのトラブルを抱えることになります。

ケミカルピーリングとは、肌表面の古い角質を酸の効果によって取り除くための施術です。ケミカルピーリングを行なうことで、古い角質を人工的にはがし、新しい細胞と交代させることで、肌のコンディションを改善させる効果が期待できます。

ケミカルピーリングの美肌効果

ケミカルピーリングの美肌効果

ケミカルピーリングの施術方法は、薬剤を肌に塗り、肌表面に溜まっている古い角質を取り除く、というものです。この薬剤には、肌の角質層同士の結合を解く効果があるため、新しい角質が生成されやすくなり、ターンオーバーを促すことができます。

ニキビはケミカルピーリングで効果が出やすいとされています。ケミカルピーリングをすることで、毛穴に詰まっている皮脂が除去され、ニキビができるもととなるコメドの発生を防ぐのです。お手入れを継続することでニキビを予防し再発を防ぐことができます。

また、ケミカルピーリングにより古くなった角質を取り除くことで代謝のリズムが正常になるので、透明感とつやのある肌が戻り美白に繋がるとされています。

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングはメスを入れる手術ではありませんので、必要であれば治療後すぐにメイクをすることも可能です。ただし、肌に酸を塗るため、施術中にピリピリとした痛みがあることや、術後に赤みやほてり感が2~3時間、またはそれ以上続く場合もあります。その場合は保湿クリームを塗るなどして保湿を行なう必要があります。

ケミカルピーリングを行なったから何もしなくて良いという訳ではありません。施術後にその効果を最大限に引き出すためには、やはり日々のお手入れを怠らないことが大切です。

効果が出るまでに時間がかかる人もいますし、人によって施術が必要な回数が異なりますので、施術を受ける病院やクリニック等でしっかりと説明を聞き、内容を納得したうえで実施することが必要です。