施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

ヒアルロン酸を使った整形手術



日々進化する美容整形の中でも人気がある施術方法のひとつが「ヒアルロン酸を使った整形手術」です。ここではヒアルロン酸を使った顔整形手術について紹介します。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれる肌の水分を保つための栄養素で、もともと人間の体内の関節や眼球、皮膚に多く備わっています。ヒアルロン酸1グラムで約6リットルもの水分を保持することができる保水力を持ち、肌のみずみずしさやハリを保っています。

しかし、このヒアルロン酸はコラーゲンと同様に年齢とともに減少し、そのせいで肌は潤いを失ってしまいます。このヒアルロン酸やコラーゲンの働きが弱まると、乾燥からシワやたるみの原因になってしまいます。

美容外科では、ヒアルロン酸を顔に注射することで肌の表面をなめらかにし、ハリを取り戻したり、シワやたるみを解消したりすることができます。顔だけでなく、ヒアルロン酸を注入してバストアップする整形手術も広く知られています。美容外科以外でもドライアイや関節炎の治療など、様々な用途で使われています。

美容外科で行なわれるヒアルロン酸注射と効果

美容外科で行なわれるヒアルロン酸注射と効果

注射によって注入されるほとんどのヒアルロン酸は、体内に入れてもアレルギー反応を起こさないため、アレルギーテストをせずに当日施術を行なうことが可能です。現在では、多くの種類のヒアルロン酸が出ているため、あらゆる部位や目的別に使い分けることができます。鼻筋を通して鼻を高くするプチ隆鼻術や、あごの修正、唇や耳たぶをふっくらと膨らませる、へこんだこめかみを丸くする、こけた頬をふっくらとさせるなど、用途に合わせて使用量や注入場所を変え、希望に添った形で様々な場所をボリュームアップすることが可能です。また、万が一結果に満足できなくても、「ヒアルロン酸分解酵素」を注射すると数日でもとに近い形まで戻すことができるため、気軽に試すことができるのも特徴です。

注射後の持続期間は個人差がありますが、1年程持続すると言われています。メスを入れる手術ではないため、傷跡も残りにくく、人に気づかれずにたるみやシワを解消することができます。

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリット

注入後にその部位が黒っぽく見えてしまったり、しこりのような違和感を覚えてしまったりすることがあります。また、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、効果は永久には続かないうえに、一度使ってしまうと元通りの形に完全に戻すことができなくなるため、継続して注射を行なう必要があります。そのため、トータルすると費用が高額になることを知っておかなければいけません。

また、注射をしたあとしばらくは内出血をしたり、痛みを伴ったりすることもあります。注入部分に圧力をかけると変形してしまう可能性もありますので注意が必要です。