施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

プラセンタを使った整形手術



美容外科の中でもとりわけ顔への施術は需要が高い施術のひとつです。中でも近年注目されている「プラセンタを使った顔整形手術」について紹介します。

プラセンタとは

プラセンタとは

プラセンタは胎盤から取れる成分のひとつです。短い期間で赤ちゃんをしっかりと育てる生命力にあふれた胎盤には、タンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、など多くの成分が含まれています。そのため、プラセンタは美容エキスとして保湿や美白効果に優れていることや、肝炎や更年期障害、胃潰瘍などにも効果があり、美容効果だけではなく、身体を若く健康に保つために有効な成分であることが近年の研究で分かっています。

美容外科では、このプラセンタエキスを皮下に注射することで、肌の状態を若々しく維持したり、トラブルを改善したりすることができます。主に、ニキビ、シミ・くすみ、小じわ、赤ら顔、乾燥肌やアトピー肌などに有効とされています。

プラセンタの美肌効果

プラセンタの美肌効果

プラセンタ抽出液は、胎盤から抽出される特定生物由来製品であり、肝機能障害の治療薬としてすでに長い間日本で使われてきました。そのため、高度な安全管理を行なうことが義務付けられています。プラセンタの「美肌効果」については、次のことが言われています。

  • 皮膚の中のコラーゲンを増加させる働きがあるため、ハリのある肌を取り戻す効果が期待できるとされています。
  • 皮膚の細胞を活性化することでターンオーバーを促すとされています。
  • メラニン色素を生産させないように肌細胞に働きかけ、排泄を促してしみを薄くする作用があるとされています。
  • 抗酸化作用により活性酸素の発生を抑え、老化を防ぐ効果もあるとされています。
  • 自然治癒力及び免疫機能を高めることにより身体の調子が整えられることから、ストレスから回復しやすい効果もあり、免疫システムを高める効果も期待できるとされています。

プラセンタの使い方

プラセンタの使い方

通常プラセンタは、上腕や臀部の筋肉、また皮下に注射します。プラセンタ注射は、週1~2回、2アンプル程度注射します。まず10回程度を継続して注射し、その後の維持療法として1~2週間に1度程度行なうと良いとされています。プラセンタの副作用は少ないと言われていますが、注射部位の発赤や「重い感じがする」などの報告もあります。

プラセンタ注射の注意点

プラセンタ注射の注意点

プラセンタ注射を行なった人は、献血ができないルールがあります。これは、プラセンタ注射に害がある訳ではなく、献血で採取された血液から血液製剤などを作る際の規定が厳しく定められているためです。