施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

シリコンを使った整形手術



美容外科手術の中でもとりわけ需要が高まるのが、顔への施術です。ここでは「シリコンを使った顔整形手術」について紹介します。

シリコンを使った整形(シリコンインプラントとは)

豊胸術などでも使用されているシリコンですが、顔面の美容外科(整形)にも多くの場面で使用されます。

シリコンを使った整形のことを一般に「シリコンインプラント」と呼びます。シリコンは、ケイ素から作られた医療用の人工軟骨で、主に鼻を高くする手術(隆鼻術)や、頬骨を高くする手術、顎や顔の輪郭を修正する手術などの際に使用されます。様々な形に変形させることができ、個人の要望に合わせて高さや厚さを調節することができます。しかし、顔に異物を入れることになるので事前に注意しておくべきこともあります。ここでは、隆鼻術を例にとって説明します。

シリコンインプラント(プロテーゼ)を使用した隆鼻術

隆鼻術における代表的なシリコンインプラント(プロテーゼ)には「I型インプラント」と「L型インプラント」があります。

「I型インプラント」は鼻筋と同じ長さのシリコンを挿入することで鼻背を高くする方法です。「I型インプラント」で鼻尖(鼻先)も高くしたい場合は、耳の軟骨といった組織移植(自家組織移植)を加えるなどして行なう、組み合わせ手術が有効とされています。

「L型インプラント」は、鼻背から鼻尖を高くすることができるシリコンインプラントです。I型に比べて鼻に固定しやすく手術時間も短いという利点がありますが、皮膚の薄い鼻尖では負担がかかるので最近ではあまり使われなくなっています。

シリコンインプラントによる隆鼻術のメリットとデメリット

シリコンインプラントでは、自家組織移植に比べ、変形や調節が容易に行なえるので、希望に添った隆鼻効果を見込むことができます。ヒアルロン酸などによる隆鼻術もありますが、シリコンインプラントのほうが、仕上がりが綺麗になるというメリットがあります。

しかし、シリコンは人工物であるため、体内で形を変化させることはできないというデメリットがあります。そのため、手術後時間が経って身体が成長したり老化したりすると、顔のその他のパーツとのバランスが悪くなる場合があります。また、シリコンがしっかり固定されなかったり、皮膚が薄くなっているところへずれたりすると、赤みが出たり、皮膚を突き破ってシリコンが露出してしまうなどのトラブルに繋がる可能性もあります。さらに長時間、異物であるシリコンが体内にあることで、シリコンが硬くなる「石灰化」現象が起こるリスクもあります。そのようなトラブルを招かないためにも信頼できる医師を見付け、後悔しない美容整形を行なうことが大切です。