施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

特定保健用食品とは



健康を促進・保持するための食品として国が認可し、製造・販売されている食品を「特定保健用食品(通称:トクホ)」と言います。ここでは「特定保健用食品」について紹介します。

「特定保健用食品」の定義

「特定保健用食品」の定義

1980年代後半から健康食品市場が拡大し始めたことを受け、1991(平成3)年に特定保健用食品制度が定められました。これにより、食品が保健機能食品と一般食品に分けられるようになり、国が定めた規格や基準を満たした食品は保健機能を表示することができるようになりました。保健機能食品では、科学的根拠を提出し許可を得た食品を「特定保健用食品」、特定の栄養素だけが基準を満たしている食品を「栄養機能食品」と分類しています。「特定保健用食品」と「栄養機能食品」以外の食品は、医薬品と間違えることを避けたり、公正な商品の販売競争を促したりするために、許可なく食品の持つ効果や機能を表示することができません。

厚生労働省が定める「特定保健用食品」とは、「からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含み、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えたりすることに役立つなどの特定の保健用途に資する旨を表示するもの」とされています。

「特定保健用食品」は「身体の調子を整えるなどの働きに関与する成分を加工した商品」「効果や安全性が動物や人などの試験で科学的に証明された食品」「健康への効果を示す表現を厚生労働大臣が許可した食品」である必要があります。この基準を満たした商品には、「消費者庁許可・特定保健用食品」と書かれた「トクホマーク」が表示されます。

参考:保健機能食品制度及び特別用途食品制度(東京都福祉保健局)

特定保健用食品の種類

特定保健用食品の種類

特定保健用食品には様々な種類の食品が登録されています。乳製品、米飯類、パン類、菓子類、清涼飲料水、調味料など800以上の食品が消費者庁に認可されており、一般消費者に向けて販売されています。特定保健用食品の健康を促すための効果には、以下のような表示があります。

  • おなかの調子を整える食品
  • 血圧が高めの人に適する食品
  • コレステロールが高めの人に適する食品
  • 体脂肪が付きにくい食品
  • 食後の血中の中性脂肪を抑える食品
  • 血糖値が気になる人に適する食品
  • ミネラルの吸収を助ける食品
  • 骨の健康が気になる人に適する食品
  • 虫歯の原因になりにくい食品
  • 歯の健康維持に役立つ食品

特定保健用食品を選ぶ際には、自分にはどの効果が必要なのかをよく考え、1日の目安や摂取量を守ることが大切です。過剰摂取しても逆効果になったり、医薬品ではないので病気が治ったりする訳ではありません。

特定保健用食品の一例

特定保健用食品の一例

特定保健用食品の一部を紹介します。

「メッツコーラ」(キリンビバレッジ
食後の中性脂肪上昇を抑える働きがある「難消化性デキストリン(食物繊維)」を含み、食生活改善に役立つとされています。
「キシリトール・ガム」(ロッテ)
日本歯科医師会の推薦商品でもあり、虫歯の原因となる酸を発生させず、丈夫で健康な歯を保つ商品として認可を受けています。
「オールブラン ブランフレーク」(ケロッグ)
1日に必要な食物繊維の30パーセント以上が含まれ、おなかの調子を整える作用があるとされています。