施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

肥満により引き起こされる病気 糖尿病



肥満症は様々な病気を引き起こしてしまう場合があり、肥満症と糖尿病も大きな関係があるとされています。ここでは、肥満症と「糖尿病」について紹介します。

肥満と糖尿病

肥満と糖尿病

すい臓から分泌されるインスリンは、細胞側にあるインスリンの働く場所(インスリン受容体)と結合して初めてブドウ糖を細胞内に取り込むことができるようになります。これが身体を動かすためのエネルギーになります。しかし、肥満になってしまうと、脂肪細胞からインスリンの働きを邪魔するホルモンである「レジスチン」や「遊離脂肪酸」という物質が絶えず発生し、インスリンの働きを邪魔します。次第にインスリン受容体と細胞の中に糖を運ぶ糖輸送担体が減少し、血中の血糖は上がったままの状態が続きます。初めのうちは、インスリンは高くなった血糖値を下げようと分泌量を増やしますが、インスリン受容体の数が少ないため、脂肪細胞からの妨害に勝てなくなり、だんだんと同じ量のインスリンを分泌することができなくなります。こうなると、糖の分解を正常に行なえなくなるため、血糖値が上がった状態が続き「糖尿病」となるのです。

糖尿病とは

糖尿病とは

糖尿病には「インスリン依存型(I型)」と「インスリン非依存型(II型)」の2種類があります。I型は、ウィルス感染や自己免疫によりすい臓が破壊され、血糖値を下げる機能が働かなくなる病気です。若くてやせ型の人が発症する特徴があり、全くインスリンが出ないため、定期的にインスリンの注射が必要となります。

II型は体質の遺伝、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣、ストレスによる弊害などが加わり、インスリンの機能が低下することで起こります。中年で肥満型の人に多く発症しますが、最近では生活習慣の悪化によって子どもでも発症するケースが増えています。

肥満が原因で起こるII型の場合、初めの自覚症状はほとんどありませんが、大量のブドウ糖を排出してしまうため、尿の量が増え、水分が失われるためにのどが渇きます。またインスリンが作用せずに身体に必要なエネルギーが十分でないため、気だるさや疲労感が出てきます。糖尿病の大きな問題は、合併症を併発する可能性があることです。糖尿病にかかり放置した状態が続くと、「糖尿病神経障害」で手足のしびれが出る、「糖尿病網膜症」で視覚障害を起こす、「糖尿病腎症」で腎不全を起こして人工透析が必要になる、という「3大合併症」を引き起こすことがあります。糖尿病になってしまった場合には、食事療法や運動療法を組み合わせたり、必要であれば薬物療法を取り入れたりして、インスリンを正常化させて改善していきます。

糖尿病の予防法とは

糖尿病の予防法とは

肥満の場合は糖尿病になる確率が約5倍に増えるとされています。一番の予防法は、まず「肥満を解消すること」です。食事は決まった時間に野菜を中心とした食事を摂ることが必要です。量が多い場合は無理をせず、甘いものや油分の多いものは控え、薄味で料理したものを食べるようにします。家族との団らんなどを楽しみながら時間をかけて食事をすることで、満足感が得られるようになります。食事だけでなく、適度に身体を動かして運動をすることも効果的です。買い物等をこまめに行なって歩く量を増やしたり、テレビを見ながらストレッチをしたりするなど、普段の生活の中でなるべく動くように工夫することも大切です。