施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

肥満により引き起こされる病気 動脈硬化



肥満症の人は健康体の人に比べると病気になるリスクが高くなり、様々な病気を引き起こしてしまう危険性を持っています。ここでは、肥満症と「動脈硬化」について紹介します。

肥満と動脈硬化

肥満には、「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つがあります。「内臓脂肪型肥満」はメタボリックシンドロームの原因にもなると言われ、生活習慣病や動脈硬化とも深い関係にあります。内臓脂肪が増えると、血中のインスリンの働きが低下するため、中性脂肪が増えます。中性脂肪が増えてしまうと、血液中の善玉コレステロールが減って血液をきれいにする働きを失うため、悪玉コレステロールが増え、血液がドロドロの状態になります。そのため血管の中が詰まりやすくなり、血液がうまく循環せずに動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

動脈硬化とは

動脈とは、酸素や栄養を新鮮な血液にのせて心臓から全身に送る血管です。人間の身体の働きには欠かせない生命線とも言える血管で、血管自体に弾力があり、中は血液がスムーズに流れるように滑らかになっています。しかし、コレステロールなどが溜まると血流が滞り、血管自体が固くなります。これが「動脈硬化」です。善玉コレステロールには、身体の中にある余分なコレステロールを肝臓に戻す働きがあり、逆に悪玉コレステロールは、体中にコレステロールを運ぶ働きがあります。この悪玉コレステロールの働きが、善玉コレステロールの働きに勝ると、コレステロールが血管の中に溜まりすぎて血液がドロドロになります。目に見える形で症状が出ないため、このような状態が進行していることに気付きにくいのが特徴です。動脈硬化が起こりやすい身体の部位は、脳、心臓、足です。動脈硬化が起きると、まず手足がしびれたり、動悸息切れが激しくなったり、ちょっとした傷も治りにくくなったりという症状が出ます。さらに放っておくと血管が詰まり、クモ膜下出血、脳内出血、脳血栓、脳梗塞などの脳卒中や、狭心症・心筋梗塞、大動脈瘤、腎不全、足の血行障害などの様々な恐ろしい病気に進行します。

動脈硬化を予防するためには

動脈硬化を予防するためには、まず食事に気を付ける必要があります。血液中の善玉コレステロールを増やすためには、豆類を積極的に摂り、柑橘類やこんにゃくなど食物繊維を多く含む食品をバランスの良く摂取することが大切です。卵や魚の内臓にはコレステロールが多く含まれるため、摂取のしすぎには注意が必要です。また、アルコールは適量を守ること、水分をしっかり摂って3食きちんと食べることも大切です。さらに有酸素運動であるウォーキングやジョギングを適度に行なうことで脂肪を分解すると、善玉コレステロールが増え悪玉コレステロールが減ることが明らかになっています。