施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

過去に流行したエクササイズとその内容



ダイエットに効く食べ物やダイエット効果のあるエクササイズは、女性にとっては知りたい情報のひとつです。ダイエット効果が高いとされる様々なエクササイズが流行しましたが、食べ物と同様に流行り廃りがはやいのも特徴です。ここでは今までに流行したエクササイズを紹介します。

健康的だけど続かない「エクササイズ」

健康的だけど続かない「エクササイズ」

エクササイズはダイエット効果だけでなく、姿勢矯正や運動不足解消も期待でき、身体に良いものです。しかし、エクササイズは「時間がかかる」「苦しくてつらい」「お金がかかる」という声もあり、効果には個人差があります。

ビリーズブートキャンプ

ビリーズブートキャンプ

アメリカ人のビリー・ブランクスさんが提唱している短期集中型エクササイズです。米軍で使われている新人のための基礎訓練を一般の人が実践できるように改良し、ビデオに収めています。映像の声にしたがい、激しい有酸素運動である減量プログラムを7日間行なうことでエクササイズ効果が期待できます。

ビリーから投げかけられる叱咤激励の言葉も人気の秘訣で、最後に「グッジョブ!」と励まされることでさらなるやる気につながるという声もありました。日本では、CATVなどで放映されたコマーシャルが好評となり、地上波TVやインターネットでも取り上げられたことから爆発的人気につながりました。激しい運動であるため、個人が自分の体力に合わせて行なう必要があります。

デューク更家による「デュークズウォーク」

デューク更家による「デュークズウォーク」

日本のウォーキングトレーナーであるデューク更家さんによるウォーキングエクササイズです。気功・呼吸法・バレエ・武道などをヒントにして、デュークさんが独自に考案しました。エクササイズ歩きを普段歩きに取り入れ、意識して歩くことで基礎代謝を上げ、脂肪が燃えやすい身体を作ります。両腕を上げ「シュンシュン」と言いながら身体を拗らせて歩くスタイルが特徴です。有酸素運動なので、長時間連続してエクササイズをしなくても、1日に計30分以上のデュークズウォークをすることで効果があるとされています。継続して行なうと、美脚効果やくびれの効果があるとされていますが、効果には個人差があります。

コアリズム

コアリズム

ダンスをベースにしたエクササイズプログラムです。ビリーズブートキャンプに続き、2008(平成20)年頃から人気を集めました。欧米人の女性インストラクターが出す指示にしたがいエクササイズをすることで、腹部・下腹部を引き締め、ウエストをくびれさせるというダイエット方法です。お笑い芸人のクワバタオハラのくわばたりえさんが実践し、ウエストが85センチから65センチになったと記者会見を行なったことで注目が集まりました。

ピラティス・メソッド

ピラティス・メソッド

1920年代にドイツ人従軍看護師ジョセフ・ピラティスさんが開発したエクササイズで、全世界で人気があります。日本では主に2000年代に入ってから人気が出始めました。骨盤を常に安定させて動かすことで、骨盤のゆがみが改善され、疲れ・肩こりなどが解消される他、姿勢を改善します。また、呼吸法を意識し、身体と精神を結合して同時にコントロールします。そうすることで、身体の奥深くにある筋肉(コアの筋肉)を意識し、ボディバランスを整える効果があるとされています。

ホットヨガ

ホットヨガ

ホットヨガは、海外のセレブやハリウッド女優が行なっていることで人気になったエクササイズです。室温38~40度、湿度40~70パーセント程度の温かい環境で行なうことで、筋肉をほぐし効果的に脂肪を燃焼させます。また、温かい環境は身体を柔軟にしてヨガのポーズを行ないやすくする効果もあります。

大量の汗をかくため、その分水分補給を行なうことで血行が良くなり、新陳代謝を活性化させる効果が期待できます。また、それぞれのポーズには意味があり、内臓に刺激を与えることで、体内の毒素を身体の外に排出する「デトックス効果」も期待できます。

この他にも、「ハリウッドヨガダイエット」「フラフープダイエット」「骨盤ダイエット」「ヒップホップダイエット」などのエクササイズが、これまで雑誌やテレビで紹介されてきました。