施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

ダイエットのリバウンドとは



「痩せたい」「きれいになりたい」と思い、ダイエットに励む女性は多くいます。しかしダイエットをして少し痩せても、その後もとの体重に戻ってしまうどころか、前以上に体重が増えてしまうこともあります。このような「リバウンド」はなぜ起こってしまうのでしょうか。ここではリバウンドのメカニズムを紹介します。

リバウンドとは

リバウンドとは

頑張ってダイエットに成功しても、ダイエットをやめてしまったあとにダイエット前の体重もしくはそれ以上に増えてしまうことを「リバウンド」と言います。リバウンドを繰り返すと、太りやすい体質になってしまうことがあります。

なぜリバウンドするのか

なぜリバウンドするのか

ダイエットをしていると、少しの体重の増減も気になるものです。食事制限によるダイエットでは、途中までは順調に体重が減ってもあるときから体重が減らない時期があります。これを「停滞期」と呼びますが、中にはそれを「リバウンド」だと勘違いして、さらに食事制限をする人もいれば、ダイエットを諦めてしまう人もいます。

ダイエットの停滞期は「ホメオスタシス」という生体恒常性機能によって、環境に適した身体になろうとする能力が働いてしまうことが原因です。食事制限で身体に少量のエネルギーしか入ってこないと、ホメオスタシスが働き、より少ないカロリーで活動できるように骨や筋肉量を変化させたり、急激な体重の変化を抑えたりして、エネルギー消費を減少させ身体を維持しようとします。この停滞期にダイエットをやめてしまい食事の量が増えると、余分な脂肪が蓄積され「リバウンド」となるのです。

また、ダイエット中は脳の満腹中枢を刺激する「レプチン」という分泌物質が減ってしまいます。ダイエットを中断し食事の量をもとに戻した場合、その変化に追い付けず、もとのレプチンの量に戻るには約1ヵ月かかります。ダイエットをやめた1ヵ月間は、レプチンの量が少なく満足感が得られないため食べ過ぎてしまうのです。

リバウンドを防止するには

リバウンドを防止するには

リバウンドを完全に防ぐことは難しいですが、抑えることはできます。

まず「ホメオスタシスを働かせないこと」です。ホメオスタシスは1ヵ月に5パーセント以上体重の変化があると働き始めるので、短期間で急激な減量をするとリバウンドしやすくなります。筋肉量を減らさないように基礎代謝に気を付けたり、摂取カロリーの正しい抑制をしたりしながら緩やかにダイエットをすることがコツです。摂取カロリーを抑えるために、穀物、砂糖、菓子類やジュース、油分など脂肪になりやすい成分の摂取をなるべく控えることが大切です。ストレスを溜め込まない程度にこれらの摂取を控え、1ヵ月5パーセント以内の体重減少に抑えることが理想的とされています。

また、レプチンの量にも注意することが大切です。一度減量した体重を1ヵ月維持することができれば、レプチンの分泌量も減り、食事の量も減った状態を維持することができます。停滞期が続いても、1ヵ月は諦めずにダイエットを続けることで、リバウンドを防止する効果も期待できます。