施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

性転換について



自分の精神的な性別と、身体的な性別や戸籍上の性別が一致してない状態のことを「性同一性障害」と言います。性同一性障害の治療には精神療法、ホルモン療法、外科的療法があり、外科的療法として性転換手術を行なう人もいます。そのため、性転換手術は別名「性別適合手術」とも呼ばれています。ここでは、性転換手術について説明します。

性転換手術を受けるには

性転換手術を受けるには

性転換手術は日本国内もしくは海外の病院で受けることができます。しかし、すべての美容外科クリニック・病院で手術を受けることができる訳ではありません。性転換手術を受けることができる美容外科クリニック・病院は限定されているうえ、手術を受けるための条件もあります。性転換手術を受けることができる条件は病院によって多少異なるので、直接クリニックで確認する必要があります。性転換手術のために最低限必要とされている一般的な条件は次の通りです。

  • 20歳以上であること(20歳未満での手術希望者は保護者の同意が必要)
  • 転換しようとしている性として実生活を過去1年以上送っていること
  • 性同一性障害の診断を受けていること
  • ホルモン治療の経験が1年以上あること
  • 現在の生殖器に違和感を持っていること

性別の変更をするには

性別の変更をするには

日本では戸籍上の性を変更することは可能で、法律で変更の条件が定められています。変更を希望する際は、管轄の家庭裁判所に申し立てを行ないます。条件を満たし、家庭裁判所へ申し立てができたら、裁判官との面接や審判が行なわれます。都道府県によって申し立てに必要なものは異なりますが、一般的に必要な条件は下記の通りです。

  • 20歳以上であること
  • 性同一性障害である診断書が2名の医師から出されていること
  • 性別転換手術を受けていること
  • 現在、婚姻をしていないこと
  • 現在、未成年の子がいないこと

また、戸籍上の性を変更したあと、変更した性に合った名前に変更を希望する際は、別途家庭裁判所へ申し立てを行なう必要があります。

海外で性転換手術を受けるには

海外で性転換手術を受けるには

日本では、主に大学病院で性転換手術を受けることができますが、海外の病院は費用が安いうえに手術実績数が多いことから、海外での手術を希望する人も少なくありません。現在、日本人で性転換手術を希望している人は、性転換手術が盛んなタイで手術を受ける人が多いとされています。手術費用とは別に、現地の病院の予約、現地空港での出迎え、現地での宿泊などをすべてコーディネイトしてくれる仲介会社も複数あります。何かトラブルがあったときでも、現地駐在の日本人もしくは日本語が話せるスタッフが対応してくれるというサービスもあります。