施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

ピアス穴あけについて



ピアスの穴あけは、病院で行なう医療行為です。

衛生管理が徹底されてない状況でピアス穴をあけてしまうと、穴の回りの腫れや、化膿などの原因となります。また、ピアス穴をあける器具を他人と使い回してしまうことは、血液感染などの可能性があるため危険です。

ピアス穴あけの費用

ピアスの穴あけは保険が適用されない自由診療です。医院で設定している施術費用も様々です。ピアスの穴あけには、初診料、施術費用、アフターケア費用、ファーストピアス代が含まれているケースが多いとされています。

ファーストピアスについて

ファーストピアスとは、穴あけを行なった直後に付けるピアスのことで、通常は穴ができ上がるのを待つために1~1ヵ月半程度外さないようにします。

ファーストピアスは素材選びが重要です。穴あけを行なった直後は、穴の内側は傷口の患部のような状態で、そこに直接ピアスの素材が長時間触れることになります。間違った素材を選んでしまうと、ピアスの穴が定着しないだけでなく、金属アレルギーを引き起こす可能性もあります。医院で穴あけをした場合は、医院で販売されている金属アレルギーになる可能性の低い素材でできたファーストピアスをすすめられます。例えば、医療用ステンレスで表面を純金や純チタンで鍍金(めっき)を施している物などです。

ファーストピアスを選ぶときには長さにも注意する必要があります。耳たぶと、ファーストピアスの飾りの部分及びピアスの留め金(キャッチ)が触れないよう、2ミリメートルくらい余裕をもって装着できる物を選ぶようにしましょう。短い物を選んでしまうと消毒がしにくくなってしまうだけでなく、ピアスをきつく締めすぎてしまうことになるので、耳たぶの血行が悪くなり皮膚がただれてしまうこともあります。

ピアス穴あけ後のケアについて

ファーストピアスを付けている間は、炎症などを引き起こさないためにもケアが重要になります。医院によってケアの指導内容は異なりますが、1日1回のケアを心がけましょう。

  1. ①入浴前に、消毒用ジェルをピアスの軸の部分に付け、ピアス穴を消毒します。
  2. ②髪の毛を洗ったあとにピアスの軸を前後に動かしながらシャワーをかけて消毒用ジェルを流します。
  3. ③綿棒やティッシュペーパーを使って、水分をしっかり拭き取ります。

ピアス穴が定着するまでは、ファーストピアスを慎重に扱いながら、ケアを欠かさないようにしましょう。また、少しでも不調を感じた場合は、医師に相談することが大切です。