施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

タトゥー診療について



タトゥーの除去方法は数種類あり、消したいタトゥーのタイプ、大きさにより最適な方法を選択することができます。しかし、タトゥーのタイプによっては、傷跡が残ることもあり、完全にもとの皮膚に戻すことは困難なこともあります。また、タトゥーの除去には保険が適用されないため、すべて自費でまかなわなければなりません。除去方法、除去したいタトゥーの大きさ、消すまでに必要な施術回数によっても大きく金額が変わるため、医師と治療計画や費用を確認してから施術を開始する必要があります。

ここではタトゥーの除去方法と概要をご紹介します。

レーザー法

レーザー法

レーザー光が黒色に集まりやすい性質と身体の免疫反応を利用し、タトゥーを消します。レーザー光を照射するとレーザー光はメラニン細胞だけに反応し、皮膚内のタトゥーの顔料だけを破壊します。破壊された顔料は細胞活動により体外に排出されます。安全な人工光線の医療用レーザーを利用するため正常な皮膚を傷付けることなく治療を行なうことができます。副作用の心配がないことも特徴です。

顔料の色、濃さ、深さにより照射必要回数は異なり、レーザーの照射の間隔はおおよそ2ヵ月以上空ける必要があるので、タトゥーの大きさによっては長期間の治療が必要となります。

皮膚切除縫合法

皮膚切除縫合法

タトゥーが入っている皮膚を切除し、縫い縮めることでタトゥーを消します。小さいものであれば1回の切除で取り除くことができますが、大きいものになると数回に分けて切除する必要があります。縫合の跡はタトゥーのサイズのおよそ3倍の長さとなり、ケロイド状や瘢痕(はんこん)のような跡が残ると言われています。

削皮(さくひ)法・剥削(はくさく)法

削皮(さくひ)法・剥削(はくさく)法

タトゥーが入っている皮膚を切除することでタトゥーを消す方法です。顔料の色に関係なくタトゥーを消すことができ、比較的大きなタトゥーにも対応することができます。大きさによっては1回で、もしくは早期で治療を完了させることができます。切除後は患部をこまめに消毒する必要があり、2~3ヵ月間かけて乾燥、皮膚の再生をさせていきます。完全に乾燥するまでは3~6ヵ月を要し、傷跡はやけど跡のように残ります。

エキスパンダー法

エキスパンダー法

シリコンバルーンを皮膚の伸ばしたいところに挿入し、バルーンに生理食塩水を徐々に注入します。バルーンを膨らませることで数日かけて皮膚を拡張させます。皮膚が伸びたらタトゥーを切除し、そこへ皮を覆い被せるようにして縫い合わせ、タトゥーを消します。皮膚切除縫合法や削皮法・剥削法では治療できない大きなタトゥーも治療することができ、傷も最小限で抑えることができます。

皮膚移植法

皮膚移植法

タトゥーがある部分の皮膚を剥がし、比較的目立たない下半身部分の皮膚を採取、それをタトゥーがあった場所に移植してタトゥーを消します。皮膚の移植もととタトゥーがもともとあった移植先に傷跡が残りますが、大きすぎるタトゥーを除いては1回の施術で治療が完了します。