施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

婦人科形成とは



人には相談しにくい女性器の悩みを抱える女性は少なくありません。ここでは、顔などの見える部分の美容外科だけではなく、女性器の形を整えることを目的とした美容外科である「婦人科形成」について紹介します。

婦人科形成の概要と婦人科形成の種類

婦人科形成の概要と婦人科形成の種類

婦人科形成とは、「女性器の形を整える」美容外科です。自分の性器の色や形、においなどが気にはなっているのに、デリケートな部分のため人には言えず、コンプレックスを感じながら生活している人も少なくありません。婦人科形成を利用する理由には、「性器の形が左右非対称」「下着からはみ出してしまう程大きい」「自転車に乗ると擦れて痛い」「性器のひだ部分が黒ずんでいる」「パートナーに指摘された」「産後に性器の形が変わってしまった」「性生活が楽しめない」など様々なものがあります。このような女性の悩みに対応するために婦人科形成で行なわれる手術の種類をご紹介します。

婦人科形成の種類

婦人科形成の種類

女性器の形を整えるための「婦人科形成」には、症状や悩みによって様々な種類があります。ここではその種類や効果について紹介します。

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術

女性器についての相談の中で一番多い悩みです。鏡の前でまっすぐ立ち、大陰唇から小陰唇が少し露出する程度なら正常ですが、大きくはみ出したり下着に擦れて痛みがあったりする場合には大きすぎると言えます。小陰唇が肥大している場合、擦れると黒ずみの原因にもなり、また、垢が溜まりやすくにおいの原因にもなります。

手術では、麻酔後に気になる部分を切除し縫合します。治りが早い場所でもあるため、技術のある医師による手術では跡は目立たない場合がほとんどです。

陰核包茎術

陰核包茎術

陰核(クリトリス)に皮がかぶさっている状態のことを指します。通常でも、生活する上での刺激から保護するために皮がかぶさっていますが、小陰唇が肥大している人の場合、過剰にかぶさった状態になることがあります。そうするとクリトリスと皮の間に垢が溜まりやすくなり、炎症や悪臭の原因になったりします。また、皮が過剰にかぶさっているために、性感が鈍ってしまうこともあります。

手術では医師が切除ラインにそって正確にメスを入れ、カットしたあとに縫合して形を整えます。

大陰唇縮小術

大陰唇縮小術

大陰唇とは、太ももの付け根と小陰唇の間にある肉付きの部分で、生殖器と尿道口を保護する役割をもっています。通常も膨らんでいますが、大きくはみ出していたり、余分なたるみやしわが気になる場合は、大陰唇の一部を切除したり、脂肪を吸引して縮小させたりすることができます。また、たるみが気になる場合には、ヒアルロン酸や自分の脂肪を注入することで張りを取り戻すことができるプチ整形タイプの施術もあります。

膣縮小術

膣縮小術

生まれ付き膣が広い人や、性行為によって広がってしまった人をはじめ、出産時に膣や産道が拡張してしまい、膣内が通常より広がっている状態になって悩んでいる人のための手術です。一般的に、出産後は約6~8週間で膣内は収縮しますが出産前のように戻ることが少なく、膣内の圧力や弾力が落ちてしまいます。

手術では、膣の入口から3~4センチ入った部分を程度に応じて縫い縮め、狭くすることができます。新たに出産の予定がない人に適しています。半永久的に効果が持続するとされています。

また、メスを使わずにヒアルロン酸を膣に注射することでハリを出し、膣内を収縮させるプチ整形タイプの施術もあります。傷が残る心配もなく、時間のかからないものですが、体に吸収されてしまうために半永久的に持続することはありません。