施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

ユニークフェイスについて



美容外科を必要とする人は、単に「自分の顔を理想に近づけたい」と思っている人ばかりではありません。なかには、生まれ付きの病気や皮膚異常、やけどや交通事故などが原因で美容外科の治療が必要な人もいます。

ユニークフェイスとは

ユニークフェイスとは

病気や怪我による変形、生まれ付きの大きなあざや傷のある顔や身体を持つ人たちを「ユニークフェイス」と呼び、支援を行なうNPO団体があります。ここでは「ユニークフェイス」について解説します。

様々な「ユニークフェイス」

様々な「ユニークフェイス」

「ユニークフェイス」は先天性のものであったり、病気が原因でできる後天性のものであったりします。また、やけどや交通事故などに遭ってしまったために、顔や身体が変形してしまった人のことを指す場合もあります。ユニークフェイスを持つ人は、「外見の違い」による社会的差別やいじめなどに遭うことがあり、そのような精神的苦痛を和らげたり、解消したりするために美容外科手術や治療が行なわれます。

ユニークフェイスを支援するNPO団体には以下のような症状を抱える当事者が参加しています。

血管腫

血管腫

血管腫とは、拡張して太くなった血管が皮膚に集まったり、増殖したりする皮膚の良性腫瘍です。血管腫の中にも「赤ぶどう酒様血管腫」や「苺状血管腫」などの種類があります。赤ぶどう酒様血管腫は母斑やあざの一種とされています。苺状血管腫は血管を構成する細胞の異常が原因とされており、血管腫自体が増殖すると肥大することがあります。成長とともに消える場合もありますが、レーザー治療や切除などの処置が行なわれることもあります。 

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)

先天性異常のひとつで、軟口蓋(なんこうがい)や硬口蓋(こうこうがい)が閉鎖しない状態や、口唇の一部が裂けた状態のことを言います。鼻まで達する場合や達しない場合、片側・両側の場合などに分けられ、再建手術を必要とする場合があります。 

ケロイド

ケロイド

ケロイドとは、やけどといった外傷や手術などが原因で瘢痕(はんこん)組織が過剰に増えてしまうことを言います。まれに自然に発生することもあります。ケロイドの特徴としては、自然治癒ができず、健康組織へ広がる場合があることや、できやすい体質があるということが挙げられます。ケロイドを切り取る手術やステロイド剤の軟膏・注射などの治療法がありますが、単独ではなく様々な方法を組み合わせた治療が必要となる場合が多いです。 

先天性色素欠乏症(アルビノ)

先天性色素欠乏症(アルビノ)

メラニンの生成に関する遺伝子が欠損し、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患です。体毛や皮膚が白くなります。劣性遺伝や突然変異が原因であるとされており、視覚的な障害を負ったり、皮膚がんのリスクが高まったりします。紫外線から体を守る目的のメラニンが欠如しているため、日光に当たるとすぐに赤く日焼けしてしまいます。 

交通事故の傷跡や顔面骨折による後遺症

交通事故の傷跡や顔面骨折による後遺症

交通事故によって、顔や身体に傷跡や後遺症をもたらしてしまった場合です。