施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

健康保険が利く診療・施術、
利かない診療・施術



風邪やけが、がんなどの病気の治療には健康保険を適用することができます。しかし、健康な身体にメスを入れる美容外科の場合「病気」とは認められないため、健康保険が適用されにくい傾向にあります。しかし、「美容外科の治療のなかでも形成外科や整形外科に近い分野」の場合は健康保険が適用される場合もあります。

美容外科における健康保険の適用

美容外科における健康保険の適用

整形外科では、美容外科と名前が混同されることが多いため、健康保険が適用されないと思っている人が多くいます。しかし実際には骨や関節、神経の治療を行なうので、ほとんどの場合に健康保険が適用されます。例えば整形外科で行なう人工関節置換術や椎間板ヘルニアなどの手術の場合も健康保険が適用されます。

形成外科でやけどや手術跡の修正、がんや乳がんのために失われた細胞や組織の再建、あざや骨折による身体の歪みを治すといった治療を行なう際には健康保険が適用されます。美容外科は形成外科の一部とされますが、健康上やむを得ない治療でない限り保険を適用することができません。

このため、美容外科の健康保険適用に関しては、形成外科の延長線上にある美容外科との境界線が難しいという問題があります。美容外科の場合、健康な身体にメスを入れることになり、健康上の理由よりも美意識に基づく理由の方が優先されます。二重まぶたやシワ取りの手術などは、けがや病気ではありません。このため、保険は適用されません。また、「脇の下のにおいを軽減する」ことを目的としたワキガ治療の場合、病院やクリニックによって形成外科の範囲なのか美容外科の範囲なのか判断が分かれる場合もあります。施術前にその適用範囲についてよく知っておく必要があります。

場合によっては保険が利く美容外科

場合によっては保険が利く美容外科

美容外科で以下のような治療を行なう場合は保険が適用されることがあります。

  • 下顎前突症などかみ合わせに問題がある場合の骨形成手術
  • 扁平母斑(茶アザ)や血管腫(赤アザ)の治療
  • 組織検査を含むホクロや腫瘍の切除
  • 陥没乳頭の治療(乳輪の大きさなど見た目のみの治療には適用されない)
  • 筋肉や自分の骨・軟骨を使った移植治療(シリコンバックやプラントなどには適用されない)

医師とのカウンセリングのなかで保険適用の有無もしっかりと確認することが必要です。

保険内治療のメリットと保険外治療のメリット

保険内治療のメリットと保険外治療のメリット

保険内で行なう治療のメリットは、治療が安価にできることが挙げられます。しかし、政府から認可された薬のみ使用するという制限もあります。反対に保険外で行なう治療の場合は治療費が高額になることもありますが、政府からの認可がなくても海外で使われていて定評のある薬を投与できる場合もあります。