施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

美容外科と形成外科・整形外科の違い



総合病院や大学病院などにもある「形成外科」や「整形外科」と、美容外科の別名である「整容外科」「美容整形外科」「形成美容外科」は全く別物です。ここでは、その違いについて紹介します。

美容外科の目的とは

美容外科の目的とは

美容外科とは「美意識に基づく身体の見た目の改善」が目的です。患者の希望に添って、身体の表面の器官や組織の形状を変えたり除去したりすることで、精神的負担の軽減につなげます。形成外科や整形外科は健康上の問題がある人に対して必要とされる治療を行なうものですが、美容外科は健康な身体に施術を行なうという違いがあります。

コンプレックスを解消し自分の理想とする外見となることができる美容外科ですが、ほとんどが健康保険の適用外になるため、予算を大きく上回る程の高額な費用がかかる場合も少なくありません。

形成外科とは

形成外科とは

形成外科では、けがや病気が原因で皮膚や身体の変形した部分に対して治療します。治療を行なう部位は、主に身体の表面に近い部分とされます。例えば、やけどの跡を分かりにくくしたり、ガン手術で失われた部分や乳ガンの手術後に切除した乳房の再建、骨折などの外傷によるゆがみの治療を行なったりすることで、外見上の問題を解決します。そのため、形成外科は「再建外科」と呼ばれることもあります。

「皮膚上の違和感を取り除く」という意味で美容外科に似ている部分もあり、美容外科でも形成外科で使われる技術を応用することもあるので、形成外科と美容外科の境界線は曖昧です。例えば、事故でけがをして鼻の治療をすることになっても、元通りの形にするだけなのであれば「形成外科」ですが、もとの形よりも良くしたい、高くしたいというのであれば「美容外科」と言えるためです。

整形外科とは

整形外科とは

整形外科では「病気やけがを治すことや、身体の運動機能の改善」を目的に治療を行ないます。治療をする部位は、主に骨や関節、神経、筋肉など、様々な運動をするときに必要となる部分です。これらの部位が、事故で外傷を受けたときや、身体の内部で疾患があった場合に治療します。具体的には、関節リウマチ、骨肉腫、変形性股間接症、前十時靭帯損傷、反復性肩関節脱臼、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、肩こり、腰痛、オスグット病などです。

整形外科では、けがや病気からの回復を目的としたリハビリテーションや装具を利用した治療を行なう他、日常生活のアドバイスなどもします。また、整形外科のなかには「スポーツ整形外科」もあります。ここではスポーツを行なう上で起こった障害などを中心に治療します。また、「小児整形外科」では、子どもの運動機能に関する整形外科手術やけが、障害の治療やリハビリテーションを手掛けています。